マンションのトイレをリフォームしてタンクレスにするときの注意点

この記事は、『マンションのトイレをタンクレスにリフォームしたい!』と考えている方に読んでいただきたいです。

こんにちは。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIです。

僕は普段、住宅リフォームの設計デザイナーをしているのですが、2019年の年末に人生で初めて自宅を購入しまして、今そのリフォーム計画を進めている真っ最中です。

今回は、トイレの大便器をタンクレスに入れ替えるためにショールームめぐりをして分かったことについて書きました。

僕の家はマンションの7階以上で、カベ排水と言われる排水方式です。現在はTOTOのタンクあり手洗いなしのSH370BAという便器がついています。

↓こちらが現在のトイレです。

 

排水は下の写真のように壁から出ているタイプです。

リフォームのタイミングでタンクレスに取り換える予定なので、次のメーカーのショールームにいってきました。

パナソニック
リクシル
TOTO

各メーカーともそれぞれ特徴があるのですが、直感で良いなと思ったのは、パナソニックのアラウーノです。便器のカタチが四角形に近くて座りやすい点と、便器に市販の台所用洗剤をセットしておくと、水面全体が泡で覆われるハネガード機能が気に入りました。

ただ、マンションのトイレでしかも壁排水の場合、一点だけ注意しておくポイントがあります。
それは、アラウーノは便器の真後ろから排水管を接続する必要がある為、
排水管の分だけ便器が前に飛び出してしまう、という問題です。

マンションのトイレは戸建て住宅のトイレと比べるとサイズが小さいことが多いのですが、具体的には、長さが1m25センチ程度くらいです。
僕のマンションも、1m30センチなので、標準的なマンションのトイレサイズですよね。

アラウーノは他の便器よりも少し大きいほうなので、この便器を設置すると、元の大便器よりも前に出てしまうことが多いんですね。壁排水の場合だとそこからさらに10センチくらい前にでてくるため、人によっては、便器に座ると前の壁が近すぎて窮屈に感じてしまうこともあります。

ちなみに、便器の先から壁までに必要な有効寸法は、最低40センチ程度と言われているので、この距離が確保できているかどうかが一つの目安になると思います。今回僕の家のケースだと、全く問題がないというレベルの有効寸法が確保できなさそうなので、アラウーノを採用するかどうかはまだ検討中です。

 

そこで、壁排水の場合に、『トイレの空間を広くするために有効な大便器はどれか?』という目線で再度選びなおしてみると、TOTOのリモデルタイプが候補に挙がってきます。

TOTOは大便器の本体の後方部の横から排水管を接続できるように設計されているので、この排水管の分だけ、便器を後ろに取り付けることが出来るんです。また、便器自体もコンパクトになっているので見た目に小さく感じられ、トイレの狭さを感じにくいというメリットもあります。

ということで、僕の家のように壁排水になっているマンショントイレのリフォームをする場合は、TOTOのリモデルタイプから選定すると問題が起きにくいというのが、各メーカーのショールームをめぐってみて分かったことです。

ここまで来たら後は、予算に合わせたグレードの便器を選定するという流れになりますね。

よく考えてみると、仕事で実際にリフォームの相談を受けたときも、TOTOのリモデルシリーズの中から、GGシリーズという便器をお勧めすることが多いです。こちらはタンクレス便器ではないのですが、見た目がタンクレスと変わらないくらい小さなタンクがついている大便器なので、見た目がスッキリしていて、しかも値段が安く抑えられるというメリットがあります。

ちなみにトイレ工事のプロである水道屋さんに『安くてイイトイレは何ですか?』と尋ねると、たいていこのGGシリーズを進められますので、予算調整が必要な時は、是非覚えておいてくださいね。僕の自宅リフォームの便器については、もう少し図面を検証してから機種を確定しようと思いますので、またこちらでお伝えしていきますね!

 

さて、今回のブログの内容はいかがでしたでしょうか。今までずっと設計一筋にやってきましたが、自宅を購入し自分の家をリフォームすることで初めて感じることが結構あるんだなと実感しています。

ですので、こちらのブログでは自邸のリフォームについても、完成後写真だけではなく、自分が施主になってみて初めて感じる悩みや失敗なども、色々とお伝えしていけたらいいなと考えています。また興味があれば是非ご覧になっていただきたいです。

MASAKISEKKEIは住まいのリフォームに商業デザインの手法を取り入れて、照明と収納にこだわった提案をしているところが特徴です。
カフェレスジャパンデザインアワード2019リノベーション賞受賞。大阪市でリフォームをお考えの方は気軽にご相談ください。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIホームページはこちらです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

関連記事

  1. パナソニックのアーキスペックのフローリング

    フローリングの張り替え マンションリフォームでウォールナット柄のフロア…

  2. 遮音フローリングに上貼りできるフロアタイル

  3. ユニットバス リフォームで広くする方法

  4. リフォームのことが書かれた本です。

    リフォームのことが顧客目線で書かれたおすすめの本

  5. ハニカムスクリーン 4社比較してわかったデメリット

  6. 減築リフォームするとどんなメリットがあるのか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。