10万円のリフォームで2万円安くなるからくり

こんにちは。大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIです。
今回は、10万円のリフォームで2万円安くなるからくりについてお伝えします。

これ、実際の話なんです。10万円で2万円の差が出るわけですから、数百万円の工事になるとどれだけの差額になるか、なんとなく想像できますよね??

100㎡くらいのマンションのスケルトンリフォームだと1000万円前後の見積金額になるのですが、これを相見積もりで比較すると、200万円程度の差がつくことがあります。

ですから単純に値段を下げたい人は、是非相見積もりを取ってもらいたいです!!

ただし、10万円の工事で2万円の見積もり差が出るのは、業者側がほぼ利益なしで仕事を取っている場合もありますので、その点はちょっと注意が必要です。

何で利益の出ない仕事なんか取るのか??

不思議に思うかもしれませんが、リフォーム業界ではけっこう良くある話です。業者としては、10万円の工事をサービス価格で提供して、もっと大きな工事を任せてもらおうという考えてあるからです。

つまり、10万円の工事はお試し価格でやっているというワケ。これをきっかけに信頼してもらえれば、もっと大きな工事を依頼してくれるかもしれませんよね。10万円の工事で2万円安くしてくれた場合は、そういうからくりになっていることがあります。

利用者が損することはまったくありませんので、こういう業者の使い方はアリだと思います。例えば、1000万円くらいの予算でリフォームを考えているとしたら、まずは20万円未満でできる工事を頼んでみるというやり方です。トイレだけ替えてみるとか、給湯器だけ取り替えてみるとか、そういう低価格の工事で業者の対応をチェックするというのはかなり効果的だと思います。

かりに失敗しても、20万円くらいなら本番のリフォームで失敗するよりもよっぽど安全だと思います。工事費も得ですし、良かったら試してみてください。

今回は、10万円のリフォームで2万円安くなるからくりについてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

MASAKISEKKEIは住まいのリフォームに商業デザインの手法を取り入れて、照明と収納にこだわった提案をしているところが特徴です。
カフェレスジャパンデザインアワード2019リノベーション賞受賞。大阪市でリフォームをお考えの方は気軽にご相談ください。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIホームページはこちらです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

関連記事

  1. シックモダンなイメージのイテリアイメージパース

    リフォームで部屋をあと10センチ広くする方法

  2. リフォームの予算はいくら用意すればいいか?

  3. 掃き出し窓用の内窓

    内窓 リフォーム 実家の北側バルコニーに設置しました

  4. マンションリフォーム 管理規約で禁止された項目いろいろ

  5. 減築リフォームするとどんなメリットがあるのか?

  6. 床暖房の床の張り替え 注意点

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。