物件探しで見落としがちな注意点

不動産の物件は3月に活発に動きますので、売却希望者も購入希望者もこれからいい時期を迎えます。

こんにちは。大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIです。
今回は、物件探しで見落としがちな注意点についてお伝えします。

不動産を選ぶときにうっかりしていると見落としてしまうポイントがいくつかあります。こちらに挙げてみました。

・専有部分だけでなく、共用部分もチェックしてみる。
・夏の暑い日、または冬の寒い日でも住み心地は良いか?
・夜と昼の周辺環境はどう変化するか?
・ゴミの収集日の出し方や住民のマナーはどうか?

これ以外にもタワーマンションでは西日が暑すぎるという声をよくききます。高層階は見晴らしがよく開放的だという反面、遮るものが何もないため、日差しの差し込みがめちゃきつくなります。

どこまで我慢できるかは人それぞれというしかありませんが、こういう判断基準なら分かりやすいと思う不動産売却の本がありました。

その判断基準とは、
購入後15年以上住む予定なら西日は避ける、
購入して15年以内に売却を考えるなら西日でも可

タワーマンションは資産価値が高いので投資用に購入するという人も少なくないですからね、売却の可能性も考えて西日のメリットとデメリットを天秤にかけてみてください。

そうそう、タワーマンションは最上階と1階だと随分値段が違いますが、税金の面で言えば同じ評価を受けているって知っていました?つまり節税対策になるってことです。こっそりタワーマンションを購入している人はそのメリットを知っているんじゃないでしょうか。このからくりは面白いので、気になる人は是非調べてみてくださいね。

今回は、物件探しで見落としがちな注意点についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

MASAKISEKKEIは住まいのリフォームに商業デザインの手法を取り入れて、照明と収納にこだわった提案をしているところが特徴です。
カフェレスジャパンデザインアワード2019リノベーション賞受賞。大阪市でリフォームをお考えの方は気軽にご相談ください。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIホームページはこちらです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

関連記事

  1. すまい給付金 わかりやすく説明します

  2. 点字ブロックの色 オシャレなデザイン

  3. ハウスメーカーの特徴がある面白い家

  4. マイホーム 購入時期の見極め方

  5. タワーマンション 大規模修繕の修繕工事費用が12億円!

  6. 築20年の中古住宅は古い?それとも新しい?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。