コンセント増設 リフォームの参考になる目安

こんにちは。大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIです。
今回は、コンセント増設リフォームについてお伝えします。

リフォームで必ずやっておきたい項目の一つがコンセントの増設です。
後から設置するのが難しい場所もありますので、電源が合ったら便利だなと思ったところには、予め追加しておいた方が無難ですよ。

ちなみに増設だけなら1カ所当たり5000円程度が工事金額の相場と言われています。コンセントの配置も変更できますので、ある程度早めに計画しておくのが理想的。
というのも、あらかじめ決めておかないと配線できない壁があるからです。

もちろん露出配線なら可能ですが、せっかくのリフォームですし、配線はカベの中に隠して見た目をスッキリさせたいですよね。
事前に計画しておけば、配線を隠蔽して、希望の配置ができます。

ただし、コンクリートの壁に直接壁紙を貼って仕上げているような壁は、配線を仕込むことができませんので、壁をふかして配線スペースを作る、というやり方で対応します。

また、コンセントはいくらでも増やせるというわけでもありません。では限界はどこまでかというと、元々引き込んである容量までなら回路を増やすことができます。

回路数を増やす場合は、分電盤を新しいものに取り換える必要があります。回路が増えると分電盤そのもののサイズも大きくなりますので、設置場所があるかどうかも確認しておきたいポイントです。

エアコンの台数を増やしたり、ガスコンロをIHに替えたりするリフォームを考えているときは、電気容量が足りない!!なんてことがたまにありますので、事前確認してから計画していくと安心ですよ。

今回は、コンセント増設リフォームについてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

MASAKISEKKEIは住まいのリフォームに商業デザインの手法を取り入れて、照明と収納にこだわった提案をしているところが特徴です。
カフェレスジャパンデザインアワード2019リノベーション賞受賞。大阪市でリフォームをお考えの方は気軽にご相談ください。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIホームページはこちらです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

関連記事

  1. リフォームの出来を左右するのは解体業者

  2. シックモダンなイメージのイテリアイメージパース

    リフォームのトレンド 今人気のリビ充家族ってなに?

  3. 廊下照明が間接照明だけのリフォーム

  4. リフォームで壁紙や床の仕上げに迷わなくてすむ方法

  5. 減築リフォームするとどんなメリットがあるのか?

  6. ユニットバス リフォームで広くする方法

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。