ガゲナウの食洗機を選ぶ人が多い理由

ガゲナウの食洗機

食洗機は最も時短効果の高い住宅設備です。費用対効果も良く、子供のいる家庭のみならず、家事の手間を省きたいと考える方にはとっても役に立つアイテムです。

国産メーカーにもいろいろあるんですが、最近は外国製の高性能機種が人気ですよね。

ミーレとか、
アーエーゲーとか、
アスコとか、
ガゲナウとか、、、

海外製はデザイン的にもおしゃれですし、機能も優れている分それなりのお値段になっていますが、せっかくのリフォームだし、ということで、海外メーカーの食洗機をと考える人が多いようです。

こんにちは。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIです。
今回は、海外メーカーガゲナウの食洗機についてお伝えします。

海外メーカーの食洗機が選ばれるようになったのは、家電業界に見られるような、高性能&高級志向が浸透してきているのかもしれません。
いろいろあるメーカーの中でも、よく聞くのがミーレです。ただ、最近注目されているのはガゲナウというドイツの老舗メーカー。

ドイツといえば、職人気質の高いお国柄ですよね。その国で長年高い評価を受けてきた老舗のメーカーなら、その性能はきっとすごくいいんだろうと想像がつきますが、値段が高いというデメリットもあります。
安心の日本メーカーか、それとも、海外製の中で知名度ナンバーワンのミーレか、またはドイツの老舗が手掛ける高性能のガゲナウか?

それぞれに良い所がありますが、最近、私の周りではガゲナウの食洗機を選ぶ人が多いんです。

いったいなぜ?

と疑問に思ったので、ガゲナウの食洗機について少し調べてみました。

ミーレとガゲナウの実物を見て触って、なんとなく納得できる点がありましたので、ガゲナウならではの良かったポイントを簡単にまとめてみました。

その1、音が静か

まずはじめに驚いたのは、音が静か、という点です。

リビングでテレビを見たリしていると、キッチンの作業の音って結構気になるものです。特に食洗機を回したい時間は夜が多いと思うので、音が静かさは大切なポイントですよね。

これは、実際に耳で聞いてみないとわかりずらいと思います。

僕が比較したのはミーレでしたが、かなり違っていました。

その2、ありがた迷惑だと感じた高機能

ミーレには洗浄完了後に自動で開く機能があるのですが、これだとキッチンの天板の小口が蒸気で痛みやすいので、長い目で見るとこういう機能は必要ないなと思いました。
ミーレのこの機能、実は最下位モデルにはついてない機能らしく、あえて最下位モデルを選ぶ人もいるそうです。
ガゲナウにはこういう機能はありませんでした。

その3、細部までこだわった機能

ガゲナウはスライドレールが3段式になっていて、カゴが完全に引き出せるところが良いです。
また、レールがしっかりしているので、動きがスムーズで非常に安定していました。これも他社メーカーと比較することでその違いがはっきりとわかります。

他にも、洗浄材を入れるポケットの部分。運転中に洗浄剤ポケットからカゴ内部に落とし込む時、ガゲナウは洗剤が溶けやすくなる仕組みが組み込まれています。
こういう細かな気配りは、他のメーカーには見られない特徴です。

その4、キッチン天板の下の最低有効寸法が違う

これはデメリットになるポイントかもしれませんが、取り付けに必要なキッチン下の有効寸法が違います。
一般的な食洗器だと810ミリあればよいのですが、ガゲナウは815ミリ必要です。たったの5ミリ?と思うかもしれませんが、国内メーカーのキッチンに組み込む場合、5ミリだけキッチンの高さを上げることができませんので、結構重要な問題です。

つまり、ガゲナウの食洗機を取り付るために、850ミリのキッチンが900ミリになったりすることがあるんです。
ちなみに、ミーレは810ミリで取り付け可能です。これはメリットだと思います。

その5、違いを感じないポイントもある

洗浄に使う水量については差がほとんどないみたいです。これはメーカーにこだわるのではなく、サイズそのものにこだわった方が良いポイントでもあります。

例えば、子供がいるファミリーなら、幅450ミリで一日に2回以上まわすよりも、1回で済む幅600ミリの方が節水になりますし、そっちの方が効率が良かったりします。
あと、掃除のしやすさについてはあまり違いがないと思いました。

ここまでいろいろとガゲナウの食洗機について書きましたが、個人的にはとっても良いメーカーだな、と感じました。

痒いところに手が届く、という感じです。

もちろん、他のメーカーにも魅力的な機能がありますし、機能以外にも見た目やデザイン性の好み、そして予算も考慮して選ぶ必要があると思います。
そして何よりも重要なのは、使う人の生活に合っているかどうかを見極めることですよね。

音の静かさやカゴのスムーズな動きなんかは、ちょっとした違いなんですが、生活の中で何度も繰り返していくにつれてストレスを感じるようになるかもしれません。
だからこそ、こういう細かなこだわりが一番大切なんじゃないかなと思います!

せっかくのリフォームです、後悔しないようにとことん調べてから決断してくださいね。

今回は、ガゲナウの食洗機についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

MASAKISEKKEIは住まいのリフォームに商業デザインの手法を取り入れて、照明と収納にこだわった提案をしているところが特徴です。
カフェレスジャパンデザインアワード2019リノベーション賞受賞。大阪市でリフォームをお考えの方は気軽にご相談ください。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIホームページはこちらです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

関連記事

  1. 本棚を壁一面DIY ローコストで作る方法

  2. 収納の良いアイデアは現状把握が大切

  3. シンデレラフィットで快感!ゲーム感覚で収納上手になる

  4. 収納だけリフォームしたい

  5. 間仕切り家具収納で部屋を2つに分断させた洋室

    整理整頓が苦手なのは性格のせいではない

  6. 収納が足りないと感じているご家庭に 収納量が大幅アップする工具不要の棚…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。