外壁塗装をする上で大切なコト

外壁塗装は、新築リフォーム問わず、建物の耐久性に関わる重要な工事ですよね!

こんにちは。大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIです。
今回は、外壁塗装をする上で大切なコトをお伝えします。

外壁にはどんな塗装をすればいいのか?この判断は難しい問題です。これについては、リフォーム業者でも簡単には判断できない場合があります。選択肢やバリエーションがたくさんあり、かなり深い専門知識が必要だからです。

表面的なことだけで検討するなら、値段なのか?耐久性なのか?デザイン性なのか?の3つだと思います。

ただし、外壁塗装でもっとも重要なのは下地の処理です。これがしっかりできていないと、塗料の耐候性は極端にもろくなります。早ければ、1年で剥離することもあるくらいです。こんなことを言うと、業者選びに困惑してしまうかもしれませんが、それだけ慎重に業者を選ばないといけないということです。

信頼性とか安心というと大手メーカーをイメージすると思いますが、大手意外にも信頼の持てる会社はたくさんあります。例えば、塗装の施工保証をつけてくれる業者です。保証の付いている業者はその分しっかりとした工事をしてくれるという裏付けにもなりますので、業者選びのポイントの一つだと思います。

建物の外壁塗装材料の一つにエスケー化研株式会社の水性セラミシリコンシリーズというのがあります。外壁塗装の見積もりを依頼すると、この材料を選んでくる業者が多いです。セラミシリコンのグレードはウレタンよりも上ですが、フッ素より下。ちょうど使いやすい塗料材といった感じです。水性で環境に優しいという説明がお客さまに好まれるケースが多いので、おすすめしやすい材料だということもよく使われている理由です。

しかも、価格がお手頃。外壁塗装で重要なことは、塗料の品質よりも下地の処理がどれだけ丁寧にしっかりとできているかです。

こればっかりは工事が始まらないと判断できないことですが、業者の対応をしっかりと観察しておくことが大切です!

結局何が言いたいんだと思われているかもしれませんが、外壁塗装工事については、専門的な知識がないと良し悪しが判断できない為、業者とのコミュニケーションが唯一の判断基準になるということです。だから、リフォーム同様、業者選びにはじっくりと時間をかけてください。

予備知識のない分野でも相見積もりをとることで相場を把握することが可能です。3社の見積もりを比較すれば、最低限参考になる判断材料がそろうと私は思います。

今回は、外壁塗装をする上で大切なコトについてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

MASAKISEKKEIは住まいのリフォームに商業デザインの手法を取り入れて、照明と収納にこだわった提案をしているところが特徴です。カフェレスジャパンデザインアワード2019リノベーション賞受賞。大阪市でリフォームをお考えの方は気軽にご相談ください。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIホームページはこちらです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

関連記事

  1. 目地材ホワイトとライトグレーの色比較

    タイルの目地の選び方

  2. 海外でリフォーム 壁紙くらいなら持ち込んだ方が安いかも

  3. リフォーム費用 適切な支払い回数とそのタイミング

  4. デザインリフォームのイメージ どうやって伝える?

  5. リフォームの参考になる雑誌

  6. 壁面に間接照明を設置した壁付けキッチン

    リフォームでキッチンは移動できるのか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。