部屋が暗い 明るくする方法

シンプルで上質な雰囲気のバスルーム

部屋の明るさは窓がついているから大丈夫とは言い切れませんよね。窓があっても光が差し込んでこなければ部屋の採光は取れません。

こんにちは。大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIです。
今回は、暗い部屋を明るくする方法についてお伝えします。

部屋の暗さについては最近悩んでいる人が多いみたいです。理由のひとつとしては、隣接する建物が建て替えによってマンションに替わってしまうというのがあります。今までは隣の家の屋根や空が見えていたのに、マンションのおかげで何も見えなくなったというケースが非常に多いそうです。

部屋が暗くなると色々問題が増発しますよね。湿気、体感温度、カビ、そして視力が落ちるというような家族の人体に関わるような要因になることだって考えられます。こんなケースだと、今まではあきらめるしかなかったのですが、2016年に画期的なアイテムが登場する予定になっているみたいです。

その画期的なアイテムというのは、採光フィルムというもの。

このアイテムは、もともとあわせガラスの間に挟みこんだ製品として販売されていたのですが、2016年からは現場施工にも対応できるようにと、フィルム単体での取り扱いも可能になるとのことです。このフィルムを貼ることで、室内の明るさは、なんと2倍になるそうですよ!

マンションなどはいくら分譲といえど、窓の位置を変えることは不可能でしたが、このフィルムを貼ることで部屋の暗さがかなり軽減されるんじゃないかと思います。部屋が明るくなるということは、電気代も節約できるってことですよね。メーカーの調査によると、電気代は13%節約できるという結果が出ているんだそうです。

フィルムを貼るだけの工事なら、壁紙を張り替えるような感覚で簡単にできます。DIY上級者や器用の人ならネット販売でフィルムを購入して、自分で貼ればさらに安くつきますよね!家の明るさに不満があるという人は、一度検討してみるのもいいんじゃないでしょうか?

※2020年4月20日更新
採光フィルムを取り扱っている公式サイトはこちらです。興味がある方はご覧になって下さい。
DNP採光フィルム

今回は、暗い部屋を明るくする方法についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

MASAKISEKKEIは住まいのリフォームに商業デザインの手法を取り入れて、照明と収納にこだわった提案をしているところが特徴です。
カフェレスジャパンデザインアワード2019リノベーション賞受賞。大阪市でリフォームをお考えの方は気軽にご相談ください。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIホームページはこちらです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

関連記事

  1. オール電化なのに電気代が高い原因

  2. 子育てママのリフォーム

  3. 住宅ローン減税が13年に延長 いくらお得になる?

  4. エアコン 就寝時 体にイイ設定温度とタイマーの使い方

  5. 家 寒さ対策に効果的な3つの方法

  6. 掃除が楽な家

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。