家探し 賃貸 イイ業者さんのポイント

多くの不動産屋さんは、レインズというサイトをチェックして物件探しをしてくれます。
レインズは宅建登録業者だけが閲覧できる不動産流通情報のプロ専用サイトです。

どの会社に行っても、基本となる情報源は同じなんですが、賃貸業者ってたくさんありますし、どこに行けばいいのか?って悩んでしまいますよね。
ちょうど今、僕も家を探しているので、先日訪れた賃貸の仲介業者さんに、イイ仲介業者さんの見分け方について聞いてみたことがあります。

こんにちは。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIです。

今回は、家探しのイイ業者さんのポイントについてお伝えします。

仲介業者さんがいうイイ仲介業者さんの見分け方というのが、
「いい物件を紹介してくれたところがいい会社だと思います」
という答えでした。

結局、業者さん自身も、自分たちの会社の特徴については、
よくわかっていないのかもしれません。。。

それだけ忙しくて、問い合わせの多い業態とも言えると思います。
一人ひとりにしっかりと向き合うというよりも、
今問い合わせのきたお客さんを対応していたら、
以前のお客さんまでフォローする時間がない、というのが正しい表現なんだと思います。

ただ、いくつかの不動産屋さんに問い合わせていく中で、
違いがある業者さんがいることに気が付きました。

例えばエイブルなんかだと、自己管理物件をたくさん持っているので、
独自のネットワークから条件の合う物件を紹介してくれたりします。

仲介手数料は家賃の半額ですし、費用面でもお得ですよね。

ちなみに、レインズのサイトをみながら紹介してくれる会社でも、
サイトの画面を見せてくれる人もいれば、そうでない人もいたりして、
その紹介方法は様々です。これについては会社というよりも
担当者レベルで違うという感じだと思います。

だからこそ、いくつかの不動産屋さんを訪れる必要があるんだと思います。
時間も手間もかかり面倒ですが、物件選びにこだわりのある方には、
避けて通れない方法なのかもしれません。

家を探す度に、早くもっといいサービスをしてくれる会社が
できればいいのになーって思います。

理想は、こちらの要望をしっかりと理解してくれて、
希望地域についてのレインズの情報を知り尽くしている人です。

嘘は言わず、良くない物件はダメだと正直に話してくれて、
情報を包み隠さず共有してくれると信頼できますよね♪

そして、欲を言えば、インテリアのセンスがあって、
粘り強い精神力を持った人だと尚うれしいです。

こちらの納得のいく物件が見つかるまで、
いつまでも物件情報を送り続けてくれる人は、
ほとんどいないと思いますし、

粘り強く探してくれるかというポイントは、
実は一番重要なんじゃないかと思います。

今回は、家探しのイイ業者さんのポイントについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

MASAKISEKKEIは住まいのリフォームに商業デザインの手法を取り入れて、照明と収納にこだわった提案をしているところが特徴です。
カフェレスジャパンデザインアワード2019リノベーション賞受賞。大阪市でリフォームをお考えの方は気軽にご相談ください。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIホームページはこちらです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

関連記事

  1. 点字ブロックの色 オシャレなデザイン

  2. 災害リスク 自宅周辺の安全性を調べる方法

  3. スマートハウス 80年前の実験住宅が参考になる

  4. 地震で家が壊れるリスク

  5. 民泊 儲かる人と損する人のボーダーライン

  6. 省エネ法とは 簡単にいうと

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。