一戸建て メンテナンス 自宅の価値はこうやって維持する!

一戸建ては購入した後もいろいろお金がかかりますから、一ヶ月1万円程度の積み立てをしていかないと、定期的なメンテナンスにかかる修繕費が捻出できません。

こんにちは。大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIです。
今回は、一戸建てのメンテナンス方法についてお伝えします。

定期的なメンテナンスにかかる修繕費を積み立てることは、マンションの修繕積立金のようなものです。つまり戸建て住宅の所有者は、メンテナンス費用として計画的に積み立てておくことが住宅を長持ちさせるために必要なコトなんです。

ただ、ちゃんとお金をためたとしても、適切な工事が依頼できるかどうかはまた別の問題です。点検の精度と適切な工事業者の選定は、よっぽどの知識がないとうまくいかないものです。特に点検は手遅れになったら意味が有りませんよね。せっかく貯めたお金が有効に活用できなくなります。。。

ちょうどそんな方に役立つかもしれない会社が『ガイアの夜明け』で紹介されていました。日本戸建管理という一戸建ての定期的な点検を引き受けてくれるサービス会社があるそうです。こちらの会社なら短いスパンでかなり細かな点検をしてくれるそうなので、修繕が手遅れになるリスクを回避できるんじゃないかと思います。

具体的には一級建築士が2時間くらいかけて家の中と外をチェックして回ります。そのチェックポイントはなんと400ヶ所。そしてチェックした項目すべてを3段階で判定した報告書を出してくれるそうです。

これだけ細かな確認をしてもらえれば、戸建て所有者としては安心できますよね。これは有料のサービスですから入会するかどうかはしっかり吟味する必要があるけど、プロに相談できるっていうポイントはメリットがありそうですよね。

今回は、一戸建てのメンテナンス方法についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

MASAKISEKKEIは住まいのリフォームに商業デザインの手法を取り入れて、照明と収納にこだわった提案をしているところが特徴です。
カフェレスジャパンデザインアワード2019リノベーション賞受賞。大阪市でリフォームをお考えの方は気軽にご相談ください。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIホームページはこちらです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

関連記事

  1. すまい給付金 わかりやすく説明します

  2. 民泊 儲かる人と損する人のボーダーライン

  3. 移住生活で悠々自適

  4. 運命の物件 出会いに惑わされて衝動買いはしたくない

  5. 近居 実家の近くに引っ越しすると補助金がもらえる

  6. 結露対策 窓の最高水準は壁に匹敵する熱還流率

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。