地震で家が壊れるリスク

こんにちは。大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIです。
今回は、地震で家が壊れるリスクについてお伝えします。

突然ですが、地震で家が壊れるリスクはどのくらいあるのでしょうか?

熊本県でおきた地震は震度6強。この地震で宇土市の市役所が半壊しました。4階部分が押し潰されるように崩れていましたが、実はこの建物は建物診断の結果で震度6強の地震がくると大きな被害を受ける恐れがあると言われていたようなんです。

すでに建て替えが検討されていたところでしたが、その最中に大きな災害が起きてしまったというわけなんです。

このように、築年数の古い建物は大きな災害によって、倒壊してしまうリスクがあります。家だけならまだしも、家族の身に何かあったらと思うと、今できることをやっておくのが後悔しないで済む方法なんじゃないかと思います。

建物診断や耐震補強は、市町村が一部費用負担してくれるところもあるので、思っているよりもお金はかからないことがあります。もし、一円も払いたくないという場合、方法がないわけでもありません。

それは、無料点検を活用する方法です。

家の工事全般に言えることですが、ほとんどの業者が見積もりまでは無料で対応してくれます。

これなら現状把握と改善対策の方法、そして必要な費用までが無料でわかります。やるかやらないかは、それをみて判断すればいいことですし、まずは情報だけ手に入れておけば、もしもの時の備えて一歩前進できますよね。

今回は、地震で家が壊れるリスクについてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

MASAKISEKKEIは住まいのリフォームに商業デザインの手法を取り入れて、照明と収納にこだわった提案をしているところが特徴です。
カフェレスジャパンデザインアワード2019リノベーション賞受賞。大阪市でリフォームをお考えの方は気軽にご相談ください。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIホームページはこちらです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

関連記事

  1. すまい給付金 わかりやすく説明します

  2. 一戸建て メンテナンス 自宅の価値はこうやって維持する!

  3. 団地はリノベーションすればよみがえる

  4. ペット可マンション 安心できるアレルギー対策

  5. コンクリートのムラのある表情を再現した塗装

    左官の技術が一ヶ月で習得できる

  6. 民泊 どんなリスクがある?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。