住宅ローン減税が13年に延長 いくらお得になる?

住宅ローン減税が、3年間延長になるようです。

現行の10年はそのままで延長する3年間については、3年かけて住宅価格の2%を所得税などから差し引く計画になります。

つまり、4000万円で住宅を購入した場合だと、3年間で合計80万円が控除されることになります!

こんにちは。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIです。

今回は、住宅ローン減税の延長についてお話しします。

 

今回の改正についてはまだ具体的施行されたものではなく、最終調整に入ったという段階なのですがまず間違いなく確定される方向で進んでいくことでしょう!

これは2019年に予定されいてる消費税10%の引き上げに備えて、「住宅が買いにくくなるな…」という住宅購入世代の不安を緩和してくれるありがたい話ですね♪

住宅ローン減税は、ローン残高の1%に相当する金額の税金が戻ってくる制度です。
10年間に最大で500万円が控除されることもあります♪家は高い買い物ですし、とてもありがたいですよね。

ただし、控除が適用されるには、適用条件に当てはまるかどうかを確認する必要がありますが、
専有面積が50平米以上あり、借入期間が10年以上であれば、適用の可能性が高いです。

また、13年の延長については新築住宅を購入した場合の特権ですが、従来通りの10年なら中古住宅やリフォームなどに支払う費用にも使えるケースがありますので、ぜひ活用したいですね。

そうそう、住宅購入の際は、住まい給付金という制度も利用できますよ。

収入によって適用外となることもありますが、年収が510万円以下なら対象となる可能性が高いです。
給付される最大金額は50万円ですので、こちらも忘れずに確認しておきたい制度ですね!

今回は住宅ローン減税について簡単にお話ししましたが、いかがでしたでしょうか。ご興味のある方はご自身の条件などを当てはめて、実際に適用となるかどうかのシミュレーションをしてもらった方が良いです。金融機関や不動産会社の担当者に相談してみるのが安心できる方法ですので、是非やってみてください。

MASAKISEKKEIは住まいのリフォームに商業デザインの手法を取り入れて、照明と収納にこだわった提案をしているところが特徴です。
カフェレスジャパンデザインアワード2019リノベーション賞受賞。大阪市でリフォームをお考えの方は気軽にご相談ください。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIホームページはこちらです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

関連記事

  1. ミーレの食洗機

    ミーレの食洗器 乾燥機能短縮モードが登場

  2. 民法改正で変わる!真冬に給湯器が壊れたときの対処法

  3. 浄水カートリッジの比較

    タカギ 浄水器 取替不要のカートリッジ

  4. 腰痛改善方法の秘策は日々の生活にある

  5. オール電化なのに電気代が高い原因

  6. 猫 爪とぎ対策 壁紙貼替と一緒にやりたいリフォーム

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。