子供がいる家 リフォームで後悔したこと

こんにちは。大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIです。
今回は、子供がいる家のリフォームで後悔したことについてお伝えします。

子供がいる家をリフォームをするとき、重要な項目としてあげられるポイントは次のような項目です。

・子供部屋の大きさ、数、配置
・勉強スペースをどこに取るか
・収納スペースを広く取りたい
・キッチンは安全に
・浴室は広くしたい

さな子がいる家庭ならどれもうなずける内容だと思います。ただ、改装前の自宅にうかがって思うことはこうです。玄関がもので溢れているなと。

玄関に置くものって結構たくさんあるんですよね。お子さんが小さいときはベビーカーや子供のおもちゃがありますし、子供を連れて外出する時にはいろんな荷物がありますよね。これだけでも玄関収納が足りないはずです。

これに加えて、ご主人のゴルフバックがあったり、もちろん奥さんの靴だって、ブーツからお出かけ用のヒールまで、かなりのボリュームがあります。

こんなことを考えると、玄関収納は生活を便利にするためにはかなり重要なスペースなんじゃないかと思います。シューズインクロークというようなものよりも、納戸をつくっておいて、いろんなものが収納できるようにしておくのが便利です。

収納という面で言えば、キッチンや洗面脱衣室にも同じことが言えますよね。ここにも同じく納戸があるとかなり重宝します。

納戸のいいところは、収納力がアップすることはもちろん、みせたくないものを隠せるというポイントです。急な来客の際にはいったん隠せる場所として使ったり、お子さんのおもちゃの収納場所としても活用できます。日用品が目のつくところに乱雑に保管されていると、なんとなく片付いていない印象がしてしまうものです。

『家の中をすっきり片づける』という意味でも小さな納戸をいくつか確保しておく、というのが生活に意外と役に立ちますよ。是非あなたのリフォームプランにも取り入れてみてください♪

今回は、子供がいる家のリフォームで後悔したことについてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

MASAKISEKKEIは住まいのリフォームに商業デザインの手法を取り入れて、照明と収納にこだわった提案をしているところが特徴です。
カフェレスジャパンデザインアワード2019リノベーション賞受賞。大阪市でリフォームをお考えの方は気軽にご相談ください。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIホームページはこちらです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

関連記事

  1. リフォーム 追加工事 サービスはどこまで?

  2. リフォームの出来を左右するのは解体業者

  3. リフォーム計画は直観を信じるべきか?

  4. タンク手洗い付きの大便器

    リフォーム トイレの配置変更が簡単にできる

  5. シックモダンなイメージのイテリアイメージパース

    リフォームで部屋をあと10センチ広くする方法

  6. リフォームをする適切なタイミングがある

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。