電子レンジとグリル、どっちがおすすめ?

電子レンジやコンベクションオーブンなど、最近は高性能な家電製品が豊富に揃っていますよね。
また、ガスでもIHでも、料理の仕上がりは鍋の力が左右していると言えることもあるので、むしろキッチンのグリル付きコンロは最低限の機能だけでいいんじゃないかと思うことがあります。

こんにちは。大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIです。
今回は、電子レンジとグリルについてリフォームという観点から比較したことをお伝えします。

キッチンは奥さんの希望次第ということもあると思いますが、
もしキッチンのグリル付きコンロは最低限の機能だけでいいんじゃないかという話に少しでも共感できるとすれば、ガラストップで掃除がしやすい、という最低限の設備にとどめておくのがオススメです。

そうすれば浮いた費用を他の部分に使える為、リフォームの予算を効率良く使うことができるようになりでます。
というのも、リフォームはたいていの場合、最初の見積もりをオーバーしてしまうものです。少なくても100万円、多い時には300万円以上もの差が出てしまいます。

これは住宅設備メーカーなどのオプションの設定方法やリフォーム業者の見積りグレードの選定にも問題があるのが事実です。ただ、見積の仕様よりも少しランクアップしたグレードを選んでいくだけで、100万円位の差はあっという間に出てしまいます。

たとえば、壁紙を量産タイプから1000番クロスに変更する金額は、1メートル当たり200円程度の増額です。これメートル単価でみるとたったの200円だし、大したことないように感じてしまいますが、実際に必要な壁の面積で計算してみると10万円くらいの増額になってしまいますから驚きですよね。

ちょっと油断した隙に、一気に膨れ上がることがありますのでご注意!!

リフォームの計画中に「せっかくだし、付けとくか!」と思うコトありますよね?
実はこう思って追加した機能って実際はさほど大きな影響があるものが少ないんです。

ですから最初は少し物足りないくらいに抑えておいて、本当に必要だったらあとで足していく、という考え方が賢明です。理想的な家を作るためにはかかせない、といっても言い過ぎじゃないかもしれませんね。

よくリフォームは一度にまとめて工事した方が安くつくといわれますが、外壁の塗り替え工事以外はそれほど差がつくものではありません。だから、迷ったときはとりあえず保留にして、後でじっくり感考えてみてください。

今回は、電子レンジとグリルについてリフォームという観点から比較したことをお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。
最後はリフォーム費用についてのお話になってしまいましたが、少しでも参考にしていただける部分があったら幸いです。

MASAKISEKKEIは住まいのリフォームに商業デザインの手法を取り入れて、照明と収納にこだわった提案をしているところが特徴です。
カフェレスジャパンデザインアワード2019リノベーション賞受賞。大阪市でリフォームをお考えの方は気軽にご相談ください。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIホームページはこちらです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

関連記事

  1. ぐっすり眠りたい 睡眠不足の悩みは枕で解決

  2. ベッド 実物を見て選べる おすすめメーカー一覧

  3. 空気清浄機 おすすめ

  4. 正三角形のタイルカーペット

    タイルカーペット 防音対策と冬の底冷え対策にも効果的

  5. 照明をスマート家電に スマホアプリで遠隔操作も可能になる方法

  6. 『まるで無垢材』加工技術がすごい突板の天板

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。