二重窓 効果 DIYだと本来の性能アップが期待できない

こんにちは。大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIです。
今回は、二重窓の効果についてお伝えします。

二重窓を付けると期待できる効果には次のようなものがあります。

・断熱効果
・防音効果
・結露軽減
・遮熱性能向上

具体的には冷暖房が聞きやすくなったりとか、騒音がきこえにくくなったりとか、そういう効果があります。特にマンションなどの区分所有の住居では開口部は共用部になるので、窓を交換しようと思ってもできないの実際の話。

費用的な面、そして効能的な面を考えると、手軽に取り付けができる二重窓はコスパのイイリフォームの一つですよね。

そんな二重窓が、いよいよDIYでできる時代になっています。ネット検索してみると、DIYで取り付けたという二重窓が写真付きで結構出てきました。そのほとんどはホームセンタ―などで購入できる材料を使ったものです。例えばポリカーボネートを使って、簡易な窓を作るという感じです。

二重窓の原理は、窓と室内の間に空気層を作る事がひとつの目的なので、この意味では上記のようなやり方でもアリだと思います。ただ、DIYでは気密性や遮熱効果までは期待できません。

それに二重サッシの取り付けくらいなら、数十万円もするような金額になったりしませんので、工事業者に依頼した方が余計な手間もかかりませんし、結果的に賢い方法だと思います。

さらに、住宅性能が向上するということで、工事費の10%を最大として、費用が還元されるようになっています。市町村に問い合わせればわかりますし、工事を依頼する工務店も良く知っていると思います。このあたりをうまくすれば、頑張ってDIYしなくてもいいんじゃないでしょうか?

窓の取り付けは1時間くらいで終わる簡単な工事ですから、快適な生活はあっと言う間に手に入りますよ。

そうそう、遮熱と断熱をより強化したいなら、Low-Eというワンランク上の複層ガラスがあります。普通の複層ガラスよりも費用はアップしますが、それに見合った効能がプラスされます。

最近の新築マンションなどでは採用しているところが増えています。特に日差しの差し込みが強い高層マンションの上層階でこのガラスを使うと、体感がまったく違うそうです。どうせなら高性能の方がイイという方にはおすすめです。

今回は、二重窓の効果にについてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

MASAKISEKKEIは住まいのリフォームに商業デザインの手法を取り入れて、照明と収納にこだわった提案をしているところが特徴です。
カフェレスジャパンデザインアワード2019リノベーション賞受賞。大阪市でリフォームをお考えの方は気軽にご相談ください。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIホームページはこちらです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

関連記事

  1. 外壁塗装の業者の選び 気になる業者がみつかったら確認したい3つのこと

  2. HSPの本

    HSPかな?と思ったら 楽に暮らせるようになる!5つのおすすめリフォー…

  3. DIY好きなら持っておきたい便利な道具

  4. ペットに優しいリフォーム床素材

  5. コンセント増設 リフォームの参考になる目安

  6. 節水効果が最も高いリフォームは意外と割安です

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。