リフォームで壁紙や床の仕上げに迷わなくてすむ方法

リフォームの壁紙や床のフローリング材、またはトイレの塩ビタイル等を選ぶとき、どうしても一つに絞り切れないことがあります。

こっちもいいし、あっちもいい。というケースです。

こんにちは。大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIです。
今回は、リフォームで壁紙や床の仕上げに迷わなくてすむ方法についてお伝えします。

どちらを選べば後悔しないだろうか??と悩みに悩んだ挙句、それでも決められない、というコトがあるんです。

インテリアのコーディネートは悩みだすときりがありません。そのため、色々みすぎてしまうと情報過多となり、一つだけを選べなくなってしまうんです。

そんな状態に陥らなくてすむ方法があります。それはズバリ、自分で仕上げを選ばないコトです!!

では、誰が選ぶのかというと、選択肢は2つあります。

一つは、工務店やリフォーム業者のコーディネーターさん。または、サンゲツなどのショールームのコーディネーターさん。どちらもインテリアのプロです。プロにお願いすると相性の悪い素材を組み合わせるような失敗はありません。だいたいのイメージだけ伝えておけば、それらしい素材を選び出しくれますよ。少し不安を感じるかもしれませんが、思い切って任せてみるのが失敗しない方法です。

そもそも、インテリアのコーディネートは経験値があればあるほど失敗しないものなんです。ショールームのコディーネーターさんは、毎日毎日何組ものお客さんのリフォームの相談にのっているわけですから、膨大な事例が頭に入っているんです。

その引き出しからあなたの好みに合った仕上げ材をセレクトしてもらえるんですから、心強い相談相手だと思いませんか?

リフォーム業者のコーディネーターさんにも同じことが言えます。特にデザインに特徴のあるリフォーム業者なら、オススメのコーディネート例がいつくかあると思いますので、完全にお任せしてしまうという方法もあります。

提案してもらってから、嫌な所だけを変更してもらう、というやり方が一番楽な方法だと思いますよ。

今回は、リフォームで壁紙や床の仕上げに迷わなくてすむ方法についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

MASAKISEKKEIは住まいのリフォームに商業デザインの手法を取り入れて、照明と収納にこだわった提案をしているところが特徴です。
カフェレスジャパンデザインアワード2019リノベーション賞受賞。大阪市でリフォームをお考えの方は気軽にご相談ください。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIホームページはこちらです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

関連記事

  1. リフォーム成功の秘訣は会社比較の本質を知ること

  2. 遮音フローリングに上貼りできるフロアタイル

  3. タンク手洗い付きの大便器

    リフォーム トイレの配置変更が簡単にできる

  4. 冬にやっておいた方が良いリフォーム

  5. 子供部屋のレイアウトを作るときのヒント

  6. 10万円のリフォームで2万円安くなるからくり

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。