リフォームでキッチンは移動できるのか?

壁面に間接照明を設置した壁付けキッチン

『リフォームでキッチンの場所って移動できるのかな?』

この記事はこのような疑問を抱いている方に向けて書いています。

こんにちは。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIです。

さて今回は、キッチンは移動できるのか?についてお伝えしていきますね。

 

まずは答えから。

キッチンは、ほとんどのケースが移動可能です。

 

ただし、条件が付きます!

戸建て住宅の場合は、比較的制限なく移動できることが多いのですが、マンションリフォームの場合は、『移動できます、ただし、○○は我慢しないといけませんがいかがでしょうか?』という具合にいくつかの条件が付きます。

 

この条件の中には、リフォーム後にストレスを感じやすい項目がありますので、移動を優先してリフォームしてしまうと、生活し難くなってしまうことがあったりしますので、注意が必要です。

 

よくある条件としては、床に段差が出来るというもの。キッチンの移動に大きく影響するのは、排水経路が確保できるかどうか、という問題です。

 

マンションの場合、家の中に数カ所あるPS(パイプスペース)という共用部を貫通している縦配管につなげる必要がありますので、ここまでの排水経路を確保しないといけません。

 

排水管の配管スペースは床下におさめる必要があるので、キッチンの配置が遠くなるとその分排水管が長くなりますよね。

排水管は、水を流すために勾配がついていますので、距離が長くなるとその分高さが必要になり、床下のスペースに収まりきらないことがあるんです。この場合、床に段差をつけて配管を隠すことになります。

 

床上げが必要になるのは、アイランドキッチンにする場合や、PSから離れた場所にキッチンを配置する場合が多いです。

 

配置を優先する場合、この段差を我慢できるかどうかが大きなポイントになってきます。

というのも、段差の問題は、図面上では判断が難しい為、実際に我慢できるかどうか判断がつきにくい部分です。プラン中の図面でみても気にならなかったが、実際に生活をはじめたらとてもストレスを感じてしまう、という方もいらっしゃいます。

 

これについては人それぞれ価値感が大きく異なる部分でもあります。

 

キッチンの配置を優先するか、それとも段差のないバリアフリーの計画を優先するかについては正解がありませんので、家族みんなでしっかりと話し合って決める必要があります。

 

もちろん、キッチンの移動については、床に段差が出来てしまう以外にも、様々な付帯工事が発生する可能性があります。

例えば、レンジフードのダクト配管が変更になりますし、ガスコンロの場合は、ガス配管工事の変更があります。電気工事も伴いますよね。

あと、見落してしまいがちなのは、床の貼替工事が発生するという点です。

システムキッチンの場合、キッチンの下に隠れている床は、フローリングが貼られていないコトが結構あるんです。しかも、排水管や給水管、そしてガス管などが床下から立ち上がっているケースだと、それらの移設に伴って、床の補修が必要になります。

 

具体的には、既設配管を撤去するために一度フローリングをめくり、新しいフローリング材で補修する必要があります。フローリングは同じ品番を用意できたとしても、製造年月日が変わると微妙に色が違っていることがあったり、既存のフローリングが経年劣化の影響で色あせていたりすると、この張り替えた部分が目立ってしまうことがあるんですね。

 

他にも、予定していた部分以外に補修費用が掛かることがありますので、費用については思っている以上にかかってしまうと思っていた方が安全だと思います。

もちろん、床の張り替え工事を検討している方なら、まったく問題ありませんので、リフォーム全体の工事項目を総合的に考えて、費用対効果の良い工事を相談中の工務店さんに提案してもらいましょうね。

 

ちなみに最近のキッチンのレイアウトは、アイランドではなくなってきていること、ご存じですか?

 

以前はアイランドキッチンがダントツ人気だったんですが、最近は、キッチンを壁付けにして、ダイニングと一体に使う『シームレスキッチン』という考え方が見直され始めてきました。

これは、日本の不動産価格の高騰に伴い、居住面積が小さくなってきているという背景があるんだと思います。

小さくなったスペースをより効率よく使うためには、アイランドキッチンよりも壁付けのキッチンにした方が良いという考え方です。

 

今回は、リフォームでキッチンが移動できるかどうかについてのお話でしたがいかがでしたでしょうか。
良かったら参考にしてみてください。

MASAKISEKKEIは住まいのリフォームに商業デザインの手法を取り入れて、照明と収納にこだわった提案をしているところが特徴です。
カフェレスジャパンデザインアワード2019リノベーション賞受賞。大阪市でリフォームをお考えの方は気軽にご相談ください。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIホームページはこちらです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

関連記事

  1. コンセント増設 リフォームの参考になる目安

  2. 高血圧対策としてリフォームが効果的

  3. リフォーム 子供と暮らす家で避けた方が良いコト

  4. おうちカフェ リフォームに大切なコト

  5. 冬にやっておいた方が良いリフォーム

  6. リフォームで満足できる間取りに欠かせないモノ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。