リフォームの予算はいくら用意すればいいか?

リフォームの予算はいくら用意すればいいのか?
これには毎年どのくらいのリフォームが行われているか数字を見ればわかります。
金額を大きく分類していくと割合が多かったのは、
500万円以上の大規模リフォーム、外壁塗装、キッチン、と続いています。

実は2013年からリフォームの金額って徐々に下がってきているそうです。
ちなみに昨年の平均リフォーム単価は200万円程度でした。
これにはDIYの需要が高まっていることも影響しているかもしれませんね。

ただ、大型リフォームを考えるとこの費用では少し足りない感じがします。

私が今相談を受けているリフォームのお仕事を振り返ると、
全面改装の予算として500万円以上1000万円以下という予算を希望している人が多いです。

ただし、一般的にかかる費用の実勢価格としては、大手リフォーム会社なら1000万円以上、
町の工務店なら800万円台という感じですね。結局、大手をあきらめて町の工務店に依頼する、
という流れになります。こうすれば予算内に収まることができます。

これはマンションや戸建てに関わらず、
中古物件のリフォームにかけられる一般的な予算の平均と考えていいんじゃないでしょうか。

来年は、消費税率がさらにアップし10%となりますよね。
金額が大きくなると、この消費税も無視出来ません。

リフォームを検討している人は、
このくらいの予算を参考に資金計画を立ててみて下さい♪

関連記事

  1. 給湯器の選び方と交換のタイミング

  2. ユナイテッドアローズのデザインリフォーム

  3. シックモダンなイメージのイテリアイメージパース

    リフォームのトレンド 今人気のリビ充家族ってなに?

  4. 子供がいる家 リフォームで後悔したこと

  5. スタイリッシュモダンテイストのLDKイメージ

    リノベーション オシャレな家に住むために必要なものは?

  6. リフォーム業者の提案には思わぬ落とし穴がある

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。