リフォームの参考になる雑誌

リフォームの参考になる雑誌って、どれくらいあるんでしょうね?
一般誌から専門誌まで、インテリアを特集したものはたくさんありますが、内容も値段もピンキリです。

こんにちは。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIです。

今回は、リフォームの参考になる雑誌をご紹介します。

リフォームするときだけではなく、家具やインテリア雑貨を購入するときにも、実例を参考にすると、具体的なイメージができて、すごくわかりやすいですよね。
完成イメージが分かっていれば致命的な失敗も避けられますし、何かと便利だと思います。

実際、リノベーションを経験した人は、雑誌に掲載されていたオシャレな部屋を参考にデザインしてもらったり、コーディネートをお願いしている人がほとんどです。

では具体的にどんな雑誌を参考にしているかというと、こんな雑誌が挙げられています。

・I’m home
・GA HOUSES
・モダンリビング
・カーサブルータス
・住む
・カリフォルニアスタイル
・リライフプラス
・ライブス
・プラスワンリビング
・月刊HOUSING
・エクステリア&ガーデン
・ガーデン&ガーデン

これらの雑誌は、戸建てやマンションのリフォームだけでなく、一戸建ての新築にも参考になる情報がたくさん掲載されています。
あと雑誌以外にも、インスタグラムやピンタレストを活用して、理想の家のイメージを集めることができます。

雑誌と違ってネットなら集め放題ですし、常に最新の情報が簡単に手に入るので、こちらの方が利便性は高いかもしれませんね。

理想の家のイメージが簡単に見つからないこともありますが、せっかくのリフォームです、諦めずに色々活用して探してみてください!

そうそう、デザイン事務所や設計事務所、それにリノベーション会社を比較するとき、その事務所にどれだけのインテリア関係書類があるかチェックしてみてください。
今までいくつかのデザイン事務所で働いてきた僕の経験上の話ですが、デザインに精通した事務所ほど洋書や専門書がたくさんあったように思います。

デザイン本をたくさん持っているか良いというわけではないのですが、専門書って結構高額なものもありますし、どんな洋書を見てきたかで、その人の好き嫌いやデザインの幅が分かったりするものです。デザインを重視したリフォームをしようと考えている方は、是非参考になさってください。

今回は、リフォームの参考になる雑誌について関連するお話しをしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

MASAKISEKKEIは住まいのリフォームに商業デザインの手法を取り入れて、照明と収納にこだわった提案をしているところが特徴です。
カフェレスジャパンデザインアワード2019リノベーション賞受賞。大阪市でリフォームをお考えの方は気軽にご相談ください。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIホームページはこちらです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

関連記事

  1. 住みながらリフォームする

  2. 黒いキッチン選ぶなら

  3. ユニットバス リフォームで広くする方法

  4. うちで工事させてください!という工務店、選ぶのは正解?

  5. リフォームは価格と品質のバランス

  6. DIY 工具レンタルだけじゃない 作業スペースまで借りれるショップ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。