災害リスク 自宅周辺の安全性を調べる方法

こんにちは。大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIです。
今回は、災害リスクについてお伝えします。

2020年8月28日から災害リスクの説明が義務化されたのをご存じでしょうか。

『災害リスク』には、土砂災害・水害・落雷・地震等があり、今住んでいる家や地域が台風や地震によってどんな被害を受けるのかを分かりやすく表した指標が公開されています。(戸建て住宅の場合は液状化のリスクもあります)

大雨による河川の氾濫や津波の被害で家が浸水したニュースを観たことがあると思いますが、最近は水害による被害が深刻になっていますよね。また、河川が近くにない地域でも、下水道などから水があふれ出てきてしまう内水氾濫と呼ばれる水害もしばしば発生しているんです。そういった状況を踏まえて、宅建業法上で災害リスクの説明が義務化されたわけですが、これをきっかけにご自身が住む地域の安全性ついて、改めて考えさせられる機会が多くなると思います。

例えば家を購入する場合、宅建業者は不動産を購入する人に対して、水防法の規定に基づいて作成された入手可能な最新のハザードマップを提示し、対象物件の概ねの位置を示さなければならなくなります。また、避難所の位置についても示すことが望ましいとされていますので、家を購入しようとする方は、購入物件の災害リスクについて今まで以上に意識するようになりますよね。

具体的には、『津波が来ると地域全体が4m水没するかもしれない』というようなことが分かってしまうわけです。もちろん、今までもこのような情報は公開されていたのですが、知らないほうが普通でしたし、特に都心の家を購入される方にはあまり関心がなかったというのが実際の話です。ただ、最近の災害の頻度を考えると、住んでいる地域の災害リスクについて全く知らなかったでは済まない状況になってきていますよね。

ご自身の住んでいる地域の災害リスクを知るには、インターネットで利用できる『重ねるハザードマップ』というサイトが便利です。現在お住まいの住所を入力するだけで、その地域の災害リスクが地図上で簡単に確認できるようになっています。

河川付近にお住まいの方は、『浸水ナビ』というサイトも合せてチェックするのがおすすめです。このサイトは、河川の堤防が決壊してしまった時の浸水する様子をシミュレーションできるようになっています。川が氾濫した状態を事前に知ることができれば、万が一に備えて心の準備が出来るだけでもメリットはあると思います。

今回は宅建業法で災害リスクについての説明が義務化されたのですが、この法律は不動産を購入しない限り関係のない話です。でも災害リスクのことって、これから不動産を購入しようとする方だけでなく、今生きているすべての人に重要であり、ご自身だけでなく家族の安全を守るためにも不可欠な情報だと思います。

タイミングよく引越しを考えている方や、これからご自宅を購入しようと考えている方にとっては、とても良い機会だと思いますので、これから住む地域の安全性について、是非これらのサイトを活用して確認してみて下さいね。

ちなみに僕は、1年前にこのハザードマップの存在を知り、住む地域を変更した経験があります。

土砂災害や津波については以前から重要事項説明義務がありましたので、今回はそれについては触れられていませんが、津波についていうと、都心部に住んでる方もその危険性を知っておいた方が良いと思います。例えば僕の住んでいる大阪市西区でも、大きな地震が起きた時は大阪湾からの津波によって地域が浸水してしまうリスクがあります大阪市中心部への津波到着時間は1時間というコトもシミュレーションで予測されているそうです。

大阪市の災害リスクは阿倍野にある防災センターという施設でお子さんと一緒に体感しながら学ぶことができますので、これを機会に訪れてみてはいかがでしょうか。災害だけでなく防災についての知識を楽しく学べる施設です。

体験型防災学習施設大阪市阿倍野防災センター『阿倍野タスカル』

また、『インターネットの情報だと、どうもピンとこない』という方は、ご自身のお住まいの災害リスクと災害対策についてプロがアドバイスしてくれるサービスがあります。このサービスは、住宅診断(インスぺクション)等のサービスで有名なさくら事務所というところが行っているもので、ご自宅のエリアについての災害リスクを報告書としてカルテにまとめて、その災害対策についてもアドバイスしてくれるというものです。

ネットでみるより紙面の方が分かりやすいですし、文章で読むよりも口頭で説明してもらった方がより理解力が高まりますよね。しかも、このサービスはハザードマップがないエリアについての災害リスクの確認が可能ということですので、インターネットでお住まいの地域についてのハザードマップが確認できなかった方にもおすすめのサービスだと思います。

『さくら事務所の災害リスクカルテ』

今回は、災害リスクについて関連した情報をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。
MASAKISEKKEIは住まいのリフォームに商業デザインの手法を取り入れて、照明と収納にこだわった提案をしているところが特徴です。カフェレスジャパンデザインアワード2019リノベーション賞受賞。大阪市でリフォームをお考えの方は気軽にご相談ください。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIホームページはこちらです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

関連記事

  1. 家を買った人 平均値からみる人物像が参考になる

  2. 団地はリノベーションすればよみがえる

  3. 鉄骨造マンション 騒音トラブルがなくならない原因

  4. 初期費用の安い家は結局高くつくことがある

  5. 住宅ローン みんなの平均借入額

  6. コンクリートのムラのある表情を再現した塗装

    100年コンクリートの耐久性

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。