整理整頓が苦手なのは性格のせいではない

間仕切り家具収納で部屋を2つに分断させた洋室

整理整頓が苦手な人っていますよね?でも、アレって性格の問題だけじゃないと思います。

こんにちは。大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIです。
今回は、整理整頓が苦手な原因についてお伝えします。

リフォームの相談を受けたお宅にうかがうと、収納スペースが少ない上に物が多すぎる、というケースがけっこうあります。

持ち物の量に対して収納力が明らかに足りていないのは、問題だと思います。こんなお宅のリフォーム相談を受けたとき、まずは収納スペースを増やすことから検討します。

特に、キッチンや洗面脱衣所には奥行が薄くてもいいので、収納に出来るところは徹底的に棚を作っていきます。

逆に布団等の奥行の深いモノについては、大きさと数量をちゃんと把握して、ぴったりと無駄がでないように収納場所を確保します。というのも、用途がなく、単に大きな収納スペースは意外と使いにくかったりするからです。

例えばウォークインクローゼットのような大きな収納は、使い勝手が良さそうに思えますが、乱雑においてしまうと本来の収納量をうまく活用できないケースもあります。また、棚やハンガーパイプを設けていない納戸やパントリーにも同じ事が言えます。

リフォームの計画段階では、図面上で収納スペースを確保するだけではなく、実際にどんな種類のものがいくつ収納できるのか?という感じで、細かなところまで事前に落とし込んでおくと、収納力の過不足を計画段階で把握出来ますよね。

このような検討は、設計士や工務店の担当者に相談して、図面上でチェックしてもらうようにしてください♪

小さな隙間も予想以上にものが収納できるものです。活用できるスペースは余っていないか?探してみてくださいね。

今回は、整理整頓が苦手な原因についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

MASAKISEKKEIは住まいのリフォームに商業デザインの手法を取り入れて、照明と収納にこだわった提案をしているところが特徴です。
カフェレスジャパンデザインアワード2019リノベーション賞受賞。大阪市でリフォームをお考えの方は気軽にご相談ください。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIホームページはこちらです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

関連記事

  1. シンデレラフィットで快感!ゲーム感覚で収納上手になる

  2. 川口技研のホスクリーン室内用スポット型

    洗濯物が乾きにくいときの乾かし方

  3. 収納だけリフォームしたい

  4. 収納が足りないときのアイデア リフォーム以外のこんな解決策もある

  5. 収納が足りないと感じているご家庭に 収納量が大幅アップする工具不要の棚…

  6. 収納の良いアイデアは現状把握が大切

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。