洗濯機の掃除 いつまでも清潔に保つ方法は?

こんにちは。大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIです。
今回は、洗濯機の掃除についてお伝えします。

洗濯機の掃除って面倒ですよね。洗濯槽の汚れは見た目で判断できないのがその理由だと思います。

良く分からないものは、掃除するタイミングを決めて、その通り機械的に掃除するのがイイと言われています。
洗濯槽裏のカビ増殖を防ぐには、1~2ヶ月に一度の洗濯槽クリーニングが欠かせません。そして、普段から洗濯槽を清潔に保つため避けたいことがいくつかあります。

洗濯機のカビを増殖させる行動としては、

洗濯機に濡れたタオルやTシャツを入れて放置すること
洗濯機使用後も蓋を閉めたままにすること
洗濯用洗剤を入れ過ぎること

この3つ、できるだけやらないように意識したいですね!
あと、使用後の洗濯槽に重曹を撒いておくと、カビ抑制に効果があるそうです。

重曹の持つ吸湿作用が湿気を防ぎ、洗濯槽をカビが嫌うアルカリ性に保つことができるため、カビや雑菌の繁殖を抑えてくれるんだとか。
そうそう、洗濯を難しくしているのは、こんな理由もあるそうです。

家事の中で人気が高いのは料理ですよね。料理はクリエイティブなイメージがあり、掃除と洗濯は地味な印象があるから?なのか。。。
では、掃除と洗濯、どちらが好きかと言われると、洗濯を選ぶ人、多いんじゃないでしょうか。

ただ、洗濯って意外と奥深いんですよね。
洗濯できれいになったつもりの洋服も、洗濯層がカビだらけだと、どうでしょう??

清潔だ!とは言えないと思います。より清潔さを求められている時代です。

見た目だけのきれいさだけでは安心できないのが、洗濯の難しさです。さらにやっかいなのは、洗濯層の汚れは見た目で判断がつかないところです。つまり、家事の中で一番嫌われている掃除よりも、洗濯層の掃除の方が難しいんですね。
ここが、洗濯が奥深いと言われる所以です。

今回は、洗濯機の掃除についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

MASAKISEKKEIは住まいのリフォームに商業デザインの手法を取り入れて、照明と収納にこだわった提案をしているところが特徴です。
カフェレスジャパンデザインアワード2019リノベーション賞受賞。大阪市でリフォームをお考えの方は気軽にご相談ください。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIホームページはこちらです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

関連記事

  1. デスクワーク中心の人の腰痛対策

  2. シャワーヘッド 節水タイプに取り替えると起こるトラブル

  3. ぐっすり眠りたい 睡眠不足の悩みは枕で解決

  4. 『まるで無垢材』加工技術がすごい突板の天板

  5. 腰痛対策になる椅子

    腰痛対策の椅子 これ買いました

  6. 黒板クロス

    黒板になる壁紙 施工例

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。