お店出店 店舗工事にかかる金額っていくら?

masakisekkeiのロゴマーク

こんにちは。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIです。

今回は、店舗工事にかかる工事費用についてお話します。将来お店を開業させようと考えている方には是非この先を読み進めてほしいです。

早速ですが、業態別の坪単価についてです。

事務所:坪10万円
整骨院:坪20万円
エステ:坪20万円
飲食店:坪50万円
美容室:坪40万円
歯医者:坪50万円

ちなみに、マンションのリフォームだと、坪25万円くらいが平均です。

もちろん、物件によってかかる費用はいろいろ違ってくるんですが、それでも、最低限必要なものを完備させようとすれば、これくらいの予算は準備しておく必要があります。

ただし、どうしてもお金が用意できないという方は、裏技がないわけでもありません。

それは、居抜き物件を探して出店するという方法です。

出店しようとしている物件が区画内に何もないスケルトンの状態だと、先ほど説明したような工事金額がかかりますが、すでに床、壁、天井といった造作があれば、工事費用をかなり節約できます。

一番いいのは、同じ業態の居抜き物件です。
必要な電気容量や設備が似ているので、そのまま利用できることが多く、費用が抑えられるというメリットがあります。

また、違う業態の店舗の居抜きの場合、一番問題になりやすいのは、電気工事を含む設備工事の大きな変更や追加工事です。

業態がかわると、電気容量がまるで違います。また、給排水設備については、もともと不要な業態もあるくらいですから、この設備が必要な業種の店舗を出店したい場合は、有無の確認だけではなく、現況でどのくらいの容量(もしくはサイズ)がきているのかまで、確認しておいた方が安全です。

既存のものを使えるかどうかという意味で言えば、空調設備や給排気設備については、重飲食を除いてどの業態においてもある程度転用が可能だと思います。

エアコンや給排気工事は、かなりコストがかかります。これが既存利用できるだけで、費用は大きく抑えられますよ。

エアコンが使えるかどうか、本当に転用できる設備なのかは、専門の業者にしか判断ができないところもあるので、早い段階で工務店や内装業者、または設計事務所やデザイナーに相談してみるのが賢明です。

相談先がデザイナーや設計事務所の場合は、費用のかかるケースもあるんですが、事前に動いてもらうことで、その分設備工事にかかる費用を節約できることだってあります。

また、お店の出店やリフォームに関わらず、計画を始めてから工事が完成するまでに2,3カ月の期間がかかるので、時間的な調整も必要なので、注意してくださいね。

今回は店舗工事にかかる金額についてお話しましたが、いかがでしたでしょうか。
ご出店時にいくら費用をかけるかはとても大事な項目ですので、是非こちらの情報を参考にしていただきたいと思います。

MASAKISEKKEIは住まいのリフォームに商業デザインの手法を取り入れて、照明と収納にこだわった提案をしているところが特徴です。
カフェレスジャパンデザインアワード2019リノベーション賞受賞。大阪市でリフォームをお考えの方は気軽にご相談ください。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIホームページはこちらです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

関連記事

  1. 子供部屋のレイアウトを作るときのヒント

  2. ユナイテッドアローズのデザインリフォーム

  3. DIY好きなら持っておきたい便利な道具

  4. 二重窓 効果 DIYだと本来の性能アップが期待できない

  5. 工務店の選び方 本音と建て前

  6. 海外でリフォーム 壁紙くらいなら持ち込んだ方が安いかも

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。