収納のリフォームにプラスしたい2つのアイデア

『収納が足りないな』
『クローゼットをもっと広くできないかな』
『家の中にモノがあふれてストレスを感じてきた』

この記事はこのような家の中の収納についてのお悩みを感じている方にぜひ読んでいただきたい内容になっています。

こんにちは。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIです。

収納はちょっとしたアイデアで使い勝手が良くなることがあります。その中でもすぐに再現できる具体的なものを含めた2つのアイデアを分かりやすくご紹介します。

こんにちは、僕はリフォーム設計士の河合です。リフォームの仕事で日々直面するお客さまのお悩みやそれに対する解決法などを、リフォームをご検討中の皆さんに伝えたいと思い、当サイトを通じてコツコツと情報発信しています。

MASAKISEKKEI河合
MASAKISEKKEI河合
それでは具体的な内容についてお話をはじめますね。

目次

・収納を増やしたいというご希望は多い
・ちょっとしたアイデア【その1】
・ちょっとしたアイデア【その2】
・収納を増やす合理的なプランニングのコツ
・キッチンのリフォームに収納をプラスする
・収納スペースを作ると便利になるおすすめの場所
・まとめ
・最後に


・収納を増やしたいというご希望は多い

 

お客さまからリフォームの相談を受けるときは、詳しくご希望をうかがいながらその項目の優先順位も尋ねていくのですが、
必ずと言っていいくらい上位に挙げられるのが『収納を増やしたい』というご希望。

特に長い間同じ家に住んでいる方は、徐々に既存の収納スペースでは足りなくなってしまい、
生活と共に増えていった荷物に合わせて、
洋服タンスや収納ケースを部屋内に買い足している方が多くいらっしゃいます。

ただ、今住んでいる家をリフォームする場合だとご自宅の専有面積は変わりませんので、
ライフスタイルの変化によって家族構成が減る場合以外は、何かのスペースを犠牲にしなくてはスペースが足りないという根本的な問題は解決しません。

ですので家族が増えたことでリフォームを決意した方や、家族が増える予定があって将来に備えたリフォームを考えている方には、しっかりとしたプランニングによって解決策を見つけなくてはいけないと考えています。

また、そんな収納に関するご希望を叶えるには、プランニング以外にもプラスαとして、ちょっとしたアイデアが必要になってきます。そこで今回は再現性の高いアイデアを2つご紹介したいと思います。


・ちょっとしたアイデア【その1】

 

たとえば、無駄に使っているスペースはないか?という目線で現状の間取りを見直してみるというのが一つです。

普段生活していると気が付かないのですが、家の中を図面の中でじっくりみてみると、『これって無駄かも?』という場所が必ずいくつか見つかります。僕もお客さまと一緒にご自宅の中を一つ一つ確認しながら、新しく収納として活用できそうなスペースを探すことがあります。

ちなみに収納スペースは、今住んでいる住まいの中の10%~13%の面積を確保できれば理想的な広さと言われています。もちろんご家庭によってご事情が違いますので、全ての方に当てはまる基準ではありませんが、目安としてはとても参考になる数値だと思います。

それでは10%の面積ってどのくらいなのか?
具体的にイメージしやすいように一つ例を挙げておきます。

70平米の広さのマンションで説明しますね。
70平米の10%は7平米ですから、この場合はだいたい4.5帖の広さになります。畳4.5枚分です。なんとなくイメージがつきましたでしょうか?

70㎡のマンションの10%=約4.5帖


・ちょっとしたアイデア【その2】

 

既存のアイテムを省スペース化できるものに取り替えると、その機能を維持したままスペースだけを少なくすることができます。

その一つはハンガーです。ハンガーは服をかけるという機能が満たされればOKですよね?今使ってるハンガーを見直してみてほしいのですが、厚みのあるハンガーを使っている場合は、収納力をアップさせるチャンスがあります。

手軽にオススメできるアイテムとしては、ニトリで販売されている省スペースハンガーは厚みが6mmと非常に薄く作られています。

これに比べてスーツ用のハンガーの中には60mmくらいの厚みのモノがありますので、およそ10倍ほどの違いになります。シャツやブラウスをハンガーにかけておくのに、こんな分厚いハンガーはいりませんよね。こういうスペースを省いていくだけで、ハンガーでストックできる洋服の数が、1.5倍くらいになることがよくあります。


・収納を増やす合理的なプランニングのコツ

 

こうやってちょっとしたアイデアを加えながら、今まで活用できていなかったスペースを収納として使えるようにリフォームすれば、『収納を増やしたい』というご希望を満たす住まいを計画することができます。

つまり、収納スペースを増やすことを目的としたプランニングは、無駄のない合理的な間取りを作っていくとも言えるのですが、合理的な間取りというと、ちょっと窮屈に感じますよね?

それに暮らしには、必要な無駄というものが実際に存在していたりします。

高い天井だったり、広いリビングだったり、日向ぼっこのできるバルコニーだったりと、合理的に考えると無駄に見えてしまうスペースが、ライフスタイルの豊かさを感じさせてくれる癒しになったりするんです。

僕はこの癒しとなる無駄を『有効な無駄』と呼んでいます。活用できていない無駄は『ただの無駄』として、これとは区別して認識するようにしています。リフォームではこういった『有効な無駄』を作るために、『ただ無駄にしていたスペースを出来る限り少なくすることが大切だと思っています。

ちなみに無駄がよくみつかる場所は次の3つです。

・キッチン
・洗面脱衣室
・廊下

そして、収納が足りないなと思う場所は次の3つ。

・洗面脱衣室
・玄関
・リビング


・キッチンのリフォームに収納をプラスする

 

それでは今までの話を踏まえて、キッチンのリフォームについて考えてみますね。

キッチンのリフォームをするときは、ただ設備を入れ替えるだけではなく、配置変更をしたり無駄になっていたスペースを活用する工夫をプラスすれば、さらに使い勝手の良いキッチンにできるんじゃないかな?と思うようになります。

壁付けだったキッチンを、対面式やL型のペニンシュラタイプにするだけでLDKの雰囲気はずいぶん変わりますが、それに収納をプラスさせる工夫を加えます。

キッチンのリフォームに無駄なスペースを有効化するための項目をプラスするとなると、かなり大掛かりな工事が発生することが多いのですが、これも工夫次第で最小限の工事だけにとどめることが可能です。

実際、キッチンのレイアウト変更に合わせて収納スペースをプラスして計画すると、モノの出し入れが手軽にできる機能的な間取りに改善し、家事の時短にもつながります。

この収納スペースをプラスした計画というのは、単にカップボードや吊り戸棚というレベルではなく、もう少し思い切った内容になることが多いです。例えばパントリースペースを作ってしまうような計画変更のことを言います。

キッチン周りにはよく使うけど生活感にあふれているので、できれば見せたくないなと思っているものが、たくさんありますよね。

こういったものをまとめて収納できるパントリ―収納があると用途に分けて収納しやすくなりますし、見せたくないものを隠したまま、スッキリした状態を維持することができるようになります。ちなみにパントリーの配置場所としては、キッチンと洗面室の間あたりに設けることができればベストです。

キッチンリフォームを行うタイミングで『パントリーを確保できるスペースがどこかにないか?』是非検討してみて下さいね。


・収納スペースを作ると便利になるおすすめの場所

 

さて、次に収納スペースを近くに作ると便利になる場所がもう一つあります。それは寝室です。寝室の横にウォークインクローゼットがあるとすごく便利です。

寝室⇔クローゼット⇔ランドリールーム⇔洗面室⇔バスルームという感じで導線がつながってると、朝起きてからの動きに沿ったレイアウトになっているため、無駄のない動きができますよね。これは、家事をするにも効率的です。

例えば乾燥機付き洗濯機なら、ランドリールームで取り込んだ洗濯ものを隣のクローゼットに収納できます。もし、洗濯物をバルコニーに干す必要があるときは、ランドリールームから、バルコニーまでの距離をより近い場所にすると、移動距離が短くなるので楽ですよね。


・まとめ

 

このように適切な場所に収納スペースを加えるリフォームは単に間取りの変更をするリフォームとは違って、生活快適性を大きく向上させる力があります。なぜなら、そうすることで家の中での移動距離に大きく影響しているからです。

特に広い家に住みたいと考えている方には、将来ストレスの原因になるかもしれない重要な要素ですので、間取りの計画中に一度、実際に生活のシミュレーションしてみるのがイイと思います。


・最後に

 

今回は収納のリフォームにプラスしたい2つのアイデアをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

なるほど!と感じてもらえたとても嬉しく思います。こちらのブログでは日々リフォームのご相談に向き合っている僕が直面したお客さまのご要望や、過去に解決したことのある住まいに関するお悩みについての情報を一人でも多くの人に知ってもらいたいと考えて運営を続けています。

日々の暮らしを快適にするためにお役立ていただけるような情報を発信していきますので、ぜひまた訪れていただきたいです。具体的なご質問やご相談も大歓迎です!

MASAKISEKKEIは住まいのリフォームに商業デザインの手法を取り入れて、照明と収納にこだわった提案をしているところが特徴です。
カフェレスジャパンデザインアワード2019リノベーション賞受賞。大阪市でリフォームをお考えの方は気軽にご相談ください。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIホームページはこちらです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

関連記事

  1. 奥行35cmの間仕切り家具収納

    間仕切り家具収納でスペースを有効活用

  2. 収納が足りないときのアイデア リフォーム以外のこんな解決策もある

  3. 収納 diy 棚を手軽に

  4. 間仕切り家具収納で部屋を2つに分断させた洋室

    整理整頓が苦手なのは性格のせいではない

  5. シンデレラフィットで快感!ゲーム感覚で収納上手になる

  6. 収納が足りないと感じているご家庭に 収納量が大幅アップする工具不要の棚…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。