中古マンションリフォームの注意点

こんにちは。大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIです。
今回は、中古マンションリフォームの注意点についてお伝えします。

築20年くらい経った物件を住みやすくリフォームするには、キッチンやお風呂等、水回りの入れ替えは必須ですよね。
最低限のリフォームのつもりでも、一度手をつけると他もやりたくなるのはよくある話です。ついでにやり直しておこう!が増えていくと、改修費に1000万円近い費用をかけることになります。

ただ、これで大満足とはいかないのが中古マンションの難しいところです。

リフォームに潜んでいる致命的な問題。

それは、躯体部分や給排水の大元は取り替えができないということ。

つまり、リフォームでは建物の根本的な欠陥は改善できないのです。そう考えると、今の家を売って新しい家に買い替えた方が資産価値の高い物件を手に入れることができます。
最新の構造設計により建てられたマンションなら安心できますし、住宅設備は機能も性能も最高水準が設置されて快適です。さらにデザインも最新。

このように、どうせお金を払うなら、将来資産価値の高くなる家を手に入れた方がいいんじゃないか、という考えを持つ人も少なくありません。

リフォームと比べて余分にお金がかかるとしても、費用対効果は新築を購入する方が高い、といえるのかもしれません。

今の家をリフォームして住み続けるか、それとも、今の家を売って新しい家に住み替えるか?この2択、どちらに価値を感じるかで判断すれば、決して後悔しない決断ができるはずです。

今回は、中古マンションリフォームの注意点についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

MASAKISEKKEIは住まいのリフォームに商業デザインの手法を取り入れて、照明と収納にこだわった提案をしているところが特徴です。
カフェレスジャパンデザインアワード2019リノベーション賞受賞。大阪市でリフォームをお考えの方は気軽にご相談ください。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIホームページはこちらです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

関連記事

  1. 黒の磨きタイルの玄関床

    賃貸でもこんなリフォームなら出来る!

  2. うちで工事させてください!という工務店、選ぶのは正解?

  3. マンションのリフォーム 管理組合は最初に抑えておきたい

  4. リフォームすると100万円もらえる助成金がある

  5. 掃き出し窓用の内窓

    内窓 リフォーム 実家の北側バルコニーに設置しました

  6. リフォームのことが書かれた本です。

    リフォームのことが顧客目線で書かれたおすすめの本

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。