本棚を壁一面DIY ローコストで作る方法

壁一面の本棚、素敵ですよね!
インテリア雑誌にも良く出てくるオシャレ部屋に頻出の家具ですが、壁にぴったりサイズで作ろうとするとオーダーする必要があります。
ただし、オーダー家具のデメリットは費用が高くついてしまうコト。例えば、幅3メートル×高さ2.4メートルくらいの壁面本棚をオーダー注文すると、ざっと20万円くらいはすると思います。

『本棚に20万円か。。。』
個人的には高いなと感じてしまう値段です。

でも、本棚くらいなら最近は自分で作れてしまうというのが実際の話。

こんにちは。大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIです。
今回は、DIYが得意な方じゃなくてもオーダーサイズで作れる本棚についてお伝えしますので、良かったら試してみてください。

作ったのはコミック用の壁面収納です。

マンガの単行本だと奥行が18センチと浅いので、雑誌等の本棚に比べると作りやすいと思います。

本棚の主要な材料となるのは集成材です。今回は24mmの集成材を使いました。コミック本は小さいからと言っても、大量になるとかなりの重量があります。

市販のカラーボックスが棚の真ん中でたわんでいるのをよく見かけますが、棚がたわんでしまうのは厚みが薄いからです。

棚の幅にもよりますが、棚板一枚の幅が60センチ以上になりそうなら、24mmくらいの厚みがあった方が安心です。

今回は集成材を使った本棚の紹介ですが、集成材の中でもアカマツのものは比較的安く購入できます。私の良く行くビバホーム大阪ドームシティ店でも4200mm×910mmサイズを取り扱っていて、価格は9800円です。

ホームセンターで材料を購入し、その場で必要なサイズにカットしてもらうのがローコストでオリジナル本棚を作るためのコツです。

サイズさえ正確にカットしておけば、後はビスで固定するだけなのでカンタンです。壁面への固定はLアングルを使えば倒れる心配もありません。

カンタンと言っても、電動ドライバーとか、ビスとか、最低限の工具や金物等が必要になってくるので、やっぱり自分で作るのは無理という人には、margheritaというネットショップで購入できるセミオーダー本棚がオススメです。

今回は、DIYが得意な方じゃなくてもオーダーサイズで作れる本棚についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

壁一面の本棚、是非実現してくださいね!

MASAKISEKKEIは住まいのリフォームに商業デザインの手法を取り入れて、照明と収納にこだわった提案をしているところが特徴です。
カフェレスジャパンデザインアワード2019リノベーション賞受賞。大阪市でリフォームをお考えの方は気軽にご相談ください。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIホームページはこちらです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

関連記事

  1. シンデレラフィットで快感!ゲーム感覚で収納上手になる

  2. 間仕切り家具収納で部屋を2つに分断させた洋室

    整理整頓が苦手なのは性格のせいではない

  3. 収納の良いアイデアは現状把握が大切

  4. 収納だけリフォームしたい

  5. 収納 増やす リフォーム

  6. 断捨離よりも整理整頓

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。