子育てママの家のリフォーム

子育てママにとって少しでも家事を楽にしたいという願望、ありますよね!特に家事と仕事の両立を目指しているママさんなら、改善したい生活の不満に対する思い入れが強いと思うんです。

こんにちは。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIです。
今回は、子育てママのリフォームについてお伝えします。

子育てで忙しいママの家事する時間がないという不満を劇的に改善できるのがリフォームです。
事実、リフォームは家事や育児の効率を大幅に改善するチャンスでもあります。

では、子育てママがどんなことに不満を感じているのか、実際の悩みをピックアップしてみます。

・収納スペースが小さくて買いだめできない
・子供の遊具で玄関が汚れる
・押入れのような大型収納は一つじゃ足りない
・部屋干ししている洗濯物が臭い
・オムツのゴミが毎日すてられず、臭いが気になる

いかかですか?
小さなお子さんがいる家庭なら、誰もが一度は思ったことがある項目ですよね?

ただし、この中のほとんどの問題は、リフォームせずとも解消する方法があるんです。

例えば、部屋干しの不満については、浴室乾燥機+室内物干し竿ホルダーがあれば、解決できますよね。
夜でも雨でも、安心して洗濯ができる空間は、子育てママにとっては魅力的な条件だと思います。

また、食器洗浄乾燥機で家事の時間をフリーにすることも、忙しい夜の時間を有効に使うための効果的な住宅設備の一つだと思います。

他にも、家族の衣類はウォークインクローゼットに集中管理することで、洗濯物をたたむ時間を節約したり、それぞれの部屋にもっていく手間を省くことが可能です。
さらに、ディスポーザーのあるキッチンなら、生ゴミが流しにそのまま捨てられるので、ゴミの出し忘れを気にしなくて済みます。

このように、育児ママにとって嬉しい機能は、リフォームせずとも手に入れることができます。
そして、その機能は専有部分に限ったことではなく、共用部分にも注目されるようになってきました。

例えば、ゲストルームがあれば、ご両親の宿泊する際に便利です。キッズルームがあれば、音を気にすることなくお子さんを遊ばせることができます。
24時間ゴミステーションがあれば、オムツがその日に捨てられます。宅配ロッカーがあれば、共働きで不在時にも宅配便を受け取りそびれない。
他にも、コンシェルジュでクリーニングの受け渡しができたり、マンションの中に保育園が完備されているものまであったりします。

これが全部揃ってたら、家事や育児のストレスがどのくらい解消できると思いますか?

こう考えると、子育てをしていて生活にストレスを抱えたとき、家のリフォームを考えるのではなく、最新設備のマンションに引っ越すという選択肢も、有効なんじゃないかと思います。

もし引越しを検討しているタイミングなら、そういう住居を考えてみると良いかもしれません。

今回は、子育てママのリフォームについてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

MASAKISEKKEIは住まいのリフォームに商業デザインの手法を取り入れて、照明と収納にこだわった提案をしているところが特徴です。
カフェレスジャパンデザインアワード2019リノベーション賞受賞。大阪市でリフォームをお考えの方は気軽にご相談ください。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIホームページはこちらです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

関連記事

  1. 築20年の中古住宅は古い?それとも新しい?

  2. 木造3階建ての旧石田理吉家

    こんなに立派な木造三階建ては見たことがない

  3. タワーマンション 大規模修繕の修繕工事費用が12億円!

  4. スマートハウス 80年前の実験住宅が参考になる

  5. すまい給付金 わかりやすく説明します

  6. 地震で家が壊れるリスク

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。