リノベーション オシャレな家に住むために必要なものは?

スタイリッシュモダンテイストのLDKイメージ

リノベーションでおしゃれな家に住みたいとか、かっこいい家にしたいと考えたことはありませんか?

こんにちは。大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIです。
今回は、オシャレな家に必要なリノベーションについてお伝えします。

普通の家はなんとなく嫌なんですよね。ワクワクしないというか、なんとなく気持が乗らないという感じがあります。ただし、オシャレな家とかかっこいいデザインにしようと思うと、それなりの準備が必要です。準備というのは、時間と労力と費用のことです。

イメージをカタチにしてくれる設計士や、現場で再現してくれる工務店や職人さんの協力も必要ですよね。マンションの場合は専有部分しか手を加えられませんし、戸建住宅でも建築基準法を無視することはできません。。。このようにリフォームを思い通りのデザインにするには、次から次へと問題が出てくるんです。

こんなはずじゃなかったと思うようなことがどんどん出てきます。特に費用については予算をオーバーすることは確実だと思います。

例えば、マンションの3Lとか4LDKの場合、最低限のリフォームで600万円、少しオリジナル性を加えて、900万円、意匠的なこだわりがあると1200万円くらいはかかってきます。そんなにかかるのか?と驚くかもしれませんが、キッチンやバスルームのグレードを少しアップしただけで、100万円くらいはすぐにアップするものですから、そのくらいかかると思っておいた方がイイと思います。

最終的に費用の話になってしまいましたが、オリジナルのリノベに必要なものは、工務店、設計士の協力が欠かせないと言えるんじゃないかと思います。そして、それなりの予算を覚悟して工事を依頼した方が後で話が違う、という問題にはなりにくいと思います。

今回は、オシャレな家に必要なリノベーションについてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

MASAKISEKKEIは住まいのリフォームに商業デザインの手法を取り入れて、照明と収納にこだわった提案をしているところが特徴です。
カフェレスジャパンデザインアワード2019リノベーション賞受賞。大阪市でリフォームをお考えの方は気軽にご相談ください。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIホームページはこちらです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

関連記事

  1. コンクリートのムラのある表情を再現した塗装

    DIYでも扱いやすい!コンクリート風に仕上がる塗料

  2. 給湯器の選び方と交換のタイミング

  3. マンションのリフォーム 管理組合は最初に抑えておきたい

  4. 介護リフォーム 時期を間違えると発病の原因になる

  5. 壁面に間接照明を設置した壁付けキッチン

    リフォームでキッチンは移動できるのか?

  6. 珪藻土 リフォーム 後悔するのはこんな場所

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。