収納だけリフォームしたい

こんにちは。大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIです。
今回は、収納だけリフォームしたいというかたに読んでいただきたい内容をまとめています。

収納だけのリフォームならそれほど大がかりな工事にならず、手軽にできるという点ではとてもメリットがあります。収納量を増やすだけで家が片づけやすくなりますし、見た目の印象も大きく違ってきます。

インテリアにこだわる人ほど収納上手と言える方が多いことも事実ですよね。そして今、アメリカでは近藤麻理恵の片づけの魔法が一大ブームになっています。

ただし、収納する技術を身につけたとしても、そもそも収納するスペースが足りない時はリフォームする必要がでてきます。収納は壁の隙間やあいだのスペースなどちょっとした隙間を活用できるので、自宅の中を今よりもっと有効に活用できるようになる点でもメリットがありますよね。

このように、生活がしやすくなり機能的に収納が出来てはじめて家が有効活用できるようになります。それにより資産価値が上がることも期待できるところまでいけば、収納をリフォームするメリットが見えてきますよね。

ちなみに収納リフォームの費用は、10万円から100万円以内の範囲でたいていのことが実現可能だと思います。新しい間仕切り壁を作り、建具を新調するとウォークインクローゼットになりますし、家具のような据え置き型なら、さらにローコストで作れることがあります。収納棚やハンガーパイプは必要な量に応じて設置すればOKです。DIYの得意な方なら自作でも出来るかもしれません。この場合は材料費だけで済みますから、かなり安くつくでしょうね。

収納が少ない家の場合、どちらにしても洋服ダンスや収納ケースを購入する必要があると思うので、どうせなら、しっかりと計画された備え付けの収納スペースを確保して、見た目にもデザインされた収納リフォームをする方が、将来的には価値のあるものになるんじゃないかと思います。

今回は、収納だけのリフォームについてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。
是非この機会に収納リフォームについてご家族で検討してみてくださいね。

MASAKISEKKEIは住まいのリフォームに商業デザインの手法を取り入れて、照明と収納にこだわった提案をしているところが特徴です。
カフェレスジャパンデザインアワード2019リノベーション賞受賞。大阪市でリフォームをお考えの方は気軽にご相談ください。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIホームページはこちらです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

関連記事

  1. 間仕切り家具収納で部屋を2つに分断させた洋室

    整理整頓が苦手なのは性格のせいではない

  2. 収納が少ない家のリフォームに欠かせないもの

  3. 収納 増やす リフォーム

  4. 収納が足りないと感じているご家庭に 収納量が大幅アップする工具不要の棚…

  5. 収納のリフォームにプラスしたい2つのアイデア

  6. 収納が足りないときのアイデア リフォーム以外のこんな解決策もある

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。