500万円でリフォームできるのはどこまで?

リフォームで500万円の予算、これって多いのか少ないのか?

こんにちは。大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIです。
今回は、500万円でリフォームできるの範囲についてお伝えします。

正直な話、500万円って言ったら大金です。それは間違いありません。ただし、リフォームの予算として考えるなら、そうとも言えなくなります。

一般的なファミリータイプのマンションの場合、500万円で何が出来るのかというと、水回りの新調、壁紙の貼り替えが限界だと思います。

この場合の水回りとは、システムキッチン、カップボード、ユニットバス、洗面台が含まれます。住宅設備のランクは限定されます。感覚的には最低ランクに近い程度の仕様まで、という感じです。

トイレの便器は10万円程度での取り替えが可能ですが、500万円リフォームだと、これを含むと予算オーバーするかもしれないというレベルだと思います。

目安としては、90㎡くらいのマンションの一般的な予算は700万円くらいになってきます。

これには床のフローリングの張り替えや、先ほどのトイレの新調なども含まれますが、500万円代となると、先に書いたようにかなりの制限を受けてしまいます。

リフォームで人気の間取り変更などをすると、さらに費用がかかってくるため、500万円台で抑えたいならあきらめるしかない、というのが現実的な話かもしれません。

今回は、500万円でリフォームできるの範囲についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

予算把握の参考になればと思います。

MASAKISEKKEIは住まいのリフォームに商業デザインの手法を取り入れて、照明と収納にこだわった提案をしているところが特徴です。
カフェレスジャパンデザインアワード2019リノベーション賞受賞。大阪市でリフォームをお考えの方は気軽にご相談ください。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIホームページはこちらです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

関連記事

  1. 廊下照明が間接照明だけのリフォーム

  2. 破れた網戸

    網戸張り替え 業者に頼んだらいくらかかる?

  3. キッチンのナンバーワンに選ばれたメーカー おすすめの理由

  4. ユニットバス リフォームで広くする方法

  5. リフォーム計画は直観を信じるべきか?

  6. 二重窓 効果 DIYだと本来の性能アップが期待できない

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。