100年コンクリートの耐久性

コンクリートのムラのある表情を再現した塗装

こんにちは。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIです。

今回は、100年コンクリートの耐久性についてお伝えします。

100年コンクリートとは、100年以上の耐久性があると言われている高強度のコンクリートのことです。

普通のコンクリートと何が違うのか?

一番の違いは、水分量なんだそうです。

100年コンクリートの水分量は50%以下に設定されているそうで、水分が少ないから硬い、と考えると意外と単純な理屈です。わかりやすいですよね。
ただ、コンクリートは硬い方がいい、とも言いきれません。というのも、コンクリートの水分量が少なくなることで、色々デメリットが出てくるからです。

まず、ひび割れが起きやすくなります。さらにもう一つ、打設時に隙間ができやすくなるということも言えるようです。
打設というのは、コンクリートを型枠の中に流していく作業のことなんですが、水分量がが少ない100年コンクリートは、流れが悪くて、隙間ができやすいんですね。そのため、高い施工技術が必要になってきます。

高い施工技術=施工費用が高くなる
ということで、まだまだ施工実績が少ないというのが実際の話です。

最近だと超高層マンションや、国家の関わる重要など建築物などに使われているそうですよ。あと、これはネットでちらっとみただけなので、本当かどうかわかりませんが、500年コンクリートっていうズバ抜けて硬いコンクリートが存在しているんだとか。100年ならまだしも、500年ってスゴくないですか!!

もう一世代では確かめられない壮大なスケールの話になってきています。ちなみに、木造建築物にも100年の耐久性を持った家が登場し始めましたね。超寿命に興味のある方は、一度調べてみてください。きっと色んな情報が出てくるはずです。

今回は、100年コンクリートの耐久性についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

MASAKISEKKEIは住まいのリフォームに商業デザインの手法を取り入れて、照明と収納にこだわった提案をしているところが特徴です。
カフェレスジャパンデザインアワード2019リノベーション賞受賞。大阪市でリフォームをお考えの方は気軽にご相談ください。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIホームページはこちらです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

関連記事

  1. 民泊 儲かる人と損する人のボーダーライン

  2. 築20年の一戸建て 住宅ローン減税を受ける方法

  3. 住みたい街に、お得に住みたい

  4. 民泊 どんなリスクがある?

  5. 中古購入とリフォーム 相談したいと思うのはこんな人

  6. 家を買う 頭金とそれ以外の諸費用

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。