キッチン diyした時のメリットとデメリット

ミーレの食洗機

リフォームのなかでもキッチンはこだわりのポイントですよね。

こんにちは。大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIです。
今回は、キッチンのDIYについてお伝えします。

キッチンへのこだわりが強くなると既成品やメーカーのオプションでは対応できないので、完全オーダーメイドで作製することになります。ただ、キッチンをオーダーするとかなりの費用がかかります。具体的には200万円とか300万円とかいう感じです。

これだと予算が合わないという人には、最近流行りのDIYスタイルのキッチンが人気です。

DIYキッチンなら合板やスチールアングルを使って、味のある雰囲気がだせるので、既製品とは一味違ったテイストのキッチンにすることができます。メリットはデザインが自由にできるということ。一方でデメリットは何かというと、メンテナンスの問題だと思います。

オリジナルのアイテムはメーカーの既製品とは違って保証がありません。つまり、故障したら実費で修理する必要があります。水漏れとかグラつきとか、引き出しが外れたり、天板が錆びたり等、水廻りはとにかく故障や不具合の多い場所でもありますから、長年使っていると色々と問題が起きると思います。

食洗機を組み込んだり、オーブンレンジを組み込んだりと、組み合わせが複雑になるほど故障が起きやすいと考えておいた方がイイと思います。デザインにこだわるほど性能が悪くなるという意味ではありませんが、そういう例が多いというのがリフォームの現状です。

このような経緯もあり、メーカー品をすすめることが多いですし、実際に選ぶ人が多いと思います。リフォームは一生ものですからね。

住宅設備は性能や機能性、そして衛生的に使えるかどうかを優先させるのが正しい選択かもしれません。

今回は、キッチンのDIYについてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

MASAKISEKKEIは住まいのリフォームに商業デザインの手法を取り入れて、照明と収納にこだわった提案をしているところが特徴です。
カフェレスジャパンデザインアワード2019リノベーション賞受賞。大阪市でリフォームをお考えの方は気軽にご相談ください。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIホームページはこちらです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

関連記事

  1. リフォーム会社の選び方 比較するならこのポイント

  2. リフォームの参考になる雑誌

  3. 吊戸棚の下に間接照明をリフォームした洗面化粧台

    間接照明 リフォームにかかる費用

  4. 海外でリフォーム 壁紙くらいなら持ち込んだ方が安いかも

  5. 二重窓 効果 DIYだと本来の性能アップが期待できない

  6. 外壁塗装をする上で大切なコト

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。