雑誌みたいな家にホントにリフォームできるの?

こんにちは。大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIです。
今回は、雑誌みたいな家にリフォームする方法についてお伝えします。

リフォームをする前に雑誌とかインターネットとかいろいろ調べますよね!

ホテルのような雰囲気でインテリアや家具もスタイリングされた部屋は、みればみるほどいいなーって憧れますよね。でもあんなリフォーム、ホントに実現するの?って
疑問に思うことありますよね。これはズバリ、実現可能です!

代表的なインテリア雑誌のI’m home(アイムホーム)では、アイムホームプロデュースでリフォームができますし、家具屋さんのアクタスでも、最近リフォームを始めていますよね。
もしこれ以外にも気に入った家具屋さんがあるなら、そのお店でリフォームまでやってもらえるかどうか、一度訪ねてみるとやってもらえるかもしれません。

例えリフォームが難しい場合でも、コーディネートをやってもらえば仕上がりは全然違ってきます。
家具はもちろん、カーテンや壁紙の色合いとか、観葉植物一つ選ぶにしても、テイストが統一できます。

また、リフォームは照明計画がかなり重要なので、建築的な間接照明を仕込むことができなくても、スタンドライトや、ペンダントライトなどを上手に利用して、ライティングプランをつくってもらうのも雑誌の雰囲気に近づける方法のひとつですよ。

今回は、雑誌みたいな家にリフォームする方法についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

MASAKISEKKEIは住まいのリフォームに商業デザインの手法を取り入れて、照明と収納にこだわった提案をしているところが特徴です。
カフェレスジャパンデザインアワード2019リノベーション賞受賞。大阪市でリフォームをお考えの方は気軽にご相談ください。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIホームページはこちらです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

関連記事

  1. リフォームの失敗例 本当にあった怖い話

  2. 500万円でリフォームできるのはどこまで?

  3. 遮音フローリングに上貼りできるフロアタイル

  4. リフォーム計画は直観を信じるべきか?

  5. 床暖房の床の張り替え 注意点

  6. ユニットバス ゆったりできるサイズは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。