照明にこだわるならまずはリビングダイニング

『照明にこだわるってどういうコト?』

『オシャレな器具を選べばいいんだよね??』

 

この記事は、こんな疑問を抱いている方に向けて書いています。

照明にこだわりたいな、と思ったら、リビングダイニングをまず見直してほしいのですが、

これにはちゃんとした理由があるので、そのあたりについても順番に説明していきますね。

 

こんにちは。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIです。

照明にこだわると、家の居心地が劇的に変わります。

これは私が日ごろからリフォームの現場でも特に力を入れて計画をしている項目でもあります。リビングダイニングは家族が集まる場所ですよね、だからこそみんなが変化に気づきやすい場所です。家族の憩いの場となっている大切な場所の居心地がよくなれば、

家族がさらに集まりたくなるんです♪

 

照明にこだわる場合、デザイン重視で選ぶというのが後で後悔しないために欠かせないことです。照明は機能だけに注目すれば、「部屋を明るくする」ことが求められるのですが、逆に考えると光ってさえいれば、それで良いともいえる、とてもシンプルな機能設備なんですね。

 

だからこそ、デザインにこだわることが出来るというメリットがあります。直感で好きなデザインを選ぶとよいのですが、照明は大きい方がオシャレに見えるという器具選びのコツがありますので、その点だけ意識しておけば、後は細かな制約は考えずに選ぶのが良いと思います。

 

ただ、リビングダイニングの場合は、ちょっとした注意が必要です。

 

それは、電球の色についてです。

 

リビングはくつろぐためのスペース、

ダイニングは食事をしたり、

新聞を読んだり、

お子さんが宿題をしたりする場所でもありますよね。

 

このように、家族みんなが、様々な用途として利用する場所なので、

用途に合わせて照明計画を切替できるようにしておいた方が、

生活の中でストレスを感じなくてすみます。

 

具体的には、

食事の時は、料理がおいしく見える演色性の高い照明が良いし、

子供の宿題の時は、文字がはっきりと見やすい蛍光灯の光が最適なんです。

 

使い分けがしっかりできる照明にしておけば、

家族は皆リビングダイニングで過ごすようになってきます。

家の中の自分の居場所をリビングダイニングに作ろうとするのです。

 

皆が過ごしたくなるような快適にするためには、

次の2つのことが重要になってきます。

1つ目は、暗すぎず、明る過ぎずの明るさ調整が出来ること。

2つ目は、白過ぎず、赤過ぎずの光の色の調整が出来ること。

 

暗さと明るさの調整は、従来のシーリングライトにも段階的な調整が

可能だったものが多いですよね。

 

3段階で明るい(蛍光灯2本)→普通(蛍光灯1本)→暗め(豆電球)と切り替えができる器具については皆さんの中にも実家で使っていた方がいらっしゃるんじゃないかと思います。

 

これにプラスして、最近は電球色と蛍光色を1台の器具で切替できるものがたくさん販売されています。器具に付属しているリモコンで操作できるものや、器具が切替に対応していれば、カベのスイッチでその切り替えができてしまうモノまでさまざま。

 

 

このように、リビングダイニングの照明選びには、

これに対応した照明器具を選ぶことがとっても大切なんです。

 

あと、最近の間取りの特徴としては、

リビングの広さがだんだんと大きくなってきているので、

従来のように部屋の真ん中にシーリングライトを1台だけ取り付けるという単純な計画だけでは対応できなくなっているというのが現況です。

 

なので、僕のサポートしているお客様には、器具の多灯使いをおすすめしています。

部屋の中央にメインとなるシーリング一台設置して、ソファの脇やテレビボードにスタンドライトを設置するという感じです。

 

役割としては、シーリングライトで部屋全体の灯りを確保して、

スタンドライトは雰囲気づくりのための演出用として使い分けるという感じです。

 

こう考えると、一台でどちらもカバーする必要がなく、

器具選びの幅が広がるので、より器具選びを楽しめますよね。

 

このように、リビングダイニングの照明にこだわるなら、

いくつかのポイントを意識しながら器具選びをすると、

居心地が激変する空間を作ることができるんです。

 

もちろん、さらに効果を期待するならリフォームという手段もありますが、

先ずは器具選びだけでもかなり満足できる効果が得られると思います。

 

是非照明器具選びを楽しんで、自宅の居心地をアップさせてみてくださいね!

今回は、照明をこだわるならリビングやダイニングから始めるのがおすすめですよというお話でしたが、
いかがでしたでしょうか。

MASAKISEKKEIは住まいのリフォームに商業デザインの手法を取り入れて、照明と収納にこだわった提案をしているところが特徴です。
カフェレスジャパンデザインアワード2019リノベーション賞受賞。大阪市でリフォームをお考えの方は気軽にご相談ください。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIホームページはこちらです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

関連記事

  1. 小さくてシンプルなデザインのスタンドライト

    リフォームの照明プラン 居心地が大きく変わるコツ

  2. パナソニックラフィーネア

    照明スイッチ 家の中で快適に過ごせる制御システム

  3. 白色と電球色の灯りが切り換えできるフラットライン

    浴室リフォーム 照明選びで快適さアップ

  4. ペンダントライトの長さ調節にちょうどいい

  5. ぐっすり眠れない理由は照明の色と深い関係がある

  6. 照明スイッチ おしゃれなのがいろいろある

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。