水道水を美味しく飲むために知っておきたいこと

『水道水を美味しく飲めたらいいなと思ったことはありませんか?』

こんにちは。大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIです。
今回は、水道水を美味しく飲むために知っておきたいことをまとめましたので、暮らしに必要な飲料水について興味のある方に読んでいただきたいです。

最近はミネラルウォーターを購入する人が多いと思います。特に、『水にはこだわっている!!』という人が増えていますので種類も豊富ですね。自分に最適なお水を飲み続けることができればとてもいいことですが、日々消耗する日用品となると気になるのはコストです。

インターネットで購入をすると、安いもので1リットルあたり45円くらいで購入できますよね。これはホント安いと思います。別の方法だと最近では家庭でウォーターサーバーをレンタルして利用する方が多く、ほとんどのレンタル会社ではサーバーレンタル料が無料でお水のタンクを購入していくというシステムです。

レンタル会社はたくさんありますが、安いところで1リットルあたり100円ちょっとです。これにサーバーの電気代がプラスでかかりますが、お湯がすぐ飲めるし、配達もしてくれるというメリットがあります。私の実家も利用しています。

ちなみに少し話が変わりますが、最近の水道水が美味しいってこと、知っていますか。参考程度に知っておいていただきたいのですが、僕の住んでいる大阪の水道水について詳しくお話しておきますと、1990年代以降、高度浄水処理が施されるようになってからは従来の急速ろ過方式では対応できなかったカビ臭やカルキ臭の原因物質を処理することができるようになり格段においしくなっています。大阪では一時期ペットボトルに入れて販売していたこともあるほどです。覚えている人もいるんじゃないでしょうか??それだけ水質に自信があるってことですよね!

大阪市水道局のホームページでは月1回に市内21ヶ所の給水栓で行われる精密な水質検査の結果を公表しています。この検査基準はとても厳しく、ミネラルウォーターに適用されている曖昧な基準とは比べものになりません。

さらに、市内40か所に設置している水質遠隔監視装置で24時間連続して測定し、監視を行っているようです。こういう管理体制を知ると水道水もすてたもんじゃないと思いますが、注意することが一つあります。それは、水がきれいでも水道の配管にサビが付いたりカビが繁殖していることがあるので、古い建物だとせっかくの高度処理浄水が汚れてしまう、ということです。

それでは低コストで安心して飲める水はどうやって手に入れるのがいいのか?私が考える方法は次の2つです!

まずは一つ目。
これはスーパーで提供してくれるアルカリイオン水やピュアウォーターをいただくという方法。私はこれを活用していたことがあります。一日に4リットルまでくめるので、充分すぎるくらいの量です。

もう一つは浄水器を設置するという方法です。
理想はこちらの方法です。最新の浄水器は目的に応じて数種類のお水が取り出せる高機能浄水器です。取り出せるのは浄水アルカリ性水酸性水です。この3種類のお水はそれぞれに性質が違うのですが、その違いについても簡単に説明しておきます。

まずは浄水です。これは飲料水として最適な水です。水道水に含まれるトリハロメタンなどの有害物質を除去したもので一般的な浄水器からいただけるお水のことです。

次はアルカリ性水。これは味を左右するうまみ成分の抽出力に優れているので、コーヒーやお茶の煮出し時間を短縮できたり料理に最適だといわれています。例えばふっくらつややかなご飯がたけたり、柔かく煮崩れしない煮物ができたり、深い味わいのあるお茶や苦みの少ないマイルドなコーヒーを楽しめる、と料理にこだわりのある人には是非使用してもらいたいお水です。

最後は酸性水です。これにはものを引き締める作用があるといわれているので、野菜を洗ったり、麺を茹でたりするのに最適です。洗顔に利用すると保湿効果も期待できます。他には、腰のある麺が茹で上がるとか、野菜がフレッシュになるとか、お肌の潤いが保てるなど、女性にはうれしい効果が期待できるお水です。

理想はこれらのお水を生活のシーンで使い分けることができればいう事ないのですが、浄水器をご自宅に装着できないという方もいると思いますので、参考までに覚えておくと役に立つと思います。

美味しい水の条件としてよく言われていることは次の通りです。

カルキや鉄サビなどのにおいがしないこと
・適度なミネラル分を含んでいること
炭酸ガスが適度に溶け込んでいること
・適度な水温であること(10~15℃が最適)

浄水器設置にかかる初期費用とカートリッジ交換という一年に一回かかるメンテナンスコスト。私には高価なイメージがありましたが、最近ではそうでもなくなっているようです。具体的には最初の方に書いたミネラルウォーターの場合とほとんど同じくらいになってくると思います。同じコストなら、浄水器の方がメリットが多いと思います。少し費用をかければ、得られるメリットはとても多いというのが最近の住宅設備に共通して言えることですね。


【※2021年8月25日更新】
取替不要の浄水カートリッジが発売されています。(僕も自宅で使用しています。)詳しくはこちらの記事にまとめています。→タカギ 浄水器 取替不要のカートリッジ


水回りは生活に密着していて、私たちの健康に直接影響する設備です。リフォームする機会がある方は、合わせて検討すると費用対効果も高いですよ。

今回は、水道水を美味しく飲むために知っておきたいことについてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

MASAKISEKKEIは住まいのリフォームに商業デザインの手法を取り入れて、照明と収納にこだわった提案をしているところが特徴です。カフェレスジャパンデザインアワード2019リノベーション賞受賞。大阪市でリフォームをお考えの方は気軽にご相談ください。
大阪市西区で住宅リフォームや店舗デザインを手掛けるMASAKISEKKEIホームページはこちらです。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

関連記事

  1. 賃貸探し 繁忙期でも使える節約術

  2. エアコン 就寝時 体にイイ設定温度とタイマーの使い方

  3. LED電球 値段の差がピンキリある理由

  4. ミーレの食洗機

    ミーレの食洗器 乾燥機能短縮モードが登場

  5. シェアハウスっていろいろある

  6. 心地よいと感じる家の広さ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。